うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

不安は何を教えてくれる?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

訳も分からなく、不安になるときはありませんか?
あなたが不安になるときって、どんな時ですか?

私は学生の頃はよく、不安になっていました。
・試験が始まる前・・・ドキドキ
・電車に乗っている時、このまま乗っていて、約束の時間に間に合うかどうかわからないとき・・・ドキドキ
・好きな女の子にメールを送る前・・・ドキドキ

こういう時不安な気持ちがモクモクと湧いてきます。
そして、心臓をバクバクと急がせます。

なぜ不安な気持ちが起きるのでしょうか?
ある精神科医の先生が書いた本によると、
「不安は、”このままだと安全が確保されていないよ。このままだと危ないよ。”と教えてくれるものです」と書いてありました。

不安には、ちゃんと意味があるんですね。
今まで、不安は意味がないと思っていました。
ただ、気まぐれに起きると思っていました。

不安は、安全が確保されていないと教えてくれているんです。

例えば、目の前に虎がいたら、「逃げるか闘うか」を瞬時に判断しなければいけません。
何も感じなかったら、死んでしまいます。
そこで、不安という感情を使って、危機を知らせてくれます。
その時、心臓がバクバク動いて、ものすごい勢いで血を送り、いつでも逃げられるように、いつでも闘えるようにします。
それがドキドキの正体です。

でも、現在は虎はいません。
見える危険より、見えない危険の方が圧倒的に多いです。

先ほど、私がよく不安に思っていたことを伝えました。

・試験が始まる前・・・試験に落ちたらどうしよう→いい大学にいけない→安全が確保されていない。
・電車に乗っている時、このまま乗っていて、約束の時間に間に合うかどうかわからないとき→間に合わなかったら、友人に嫌われる→安全が確保されていない。

・好きな女の子にメールを送る前→嫌われたら、明日から学校に行けない→安全が確保されていない

不安は、安全が確保されているとわかれば、消えます。
例えば、女の子にメールを送る前は不安でいっぱいですが、メールを送った後、女の子からメールが返ってきたら、不安は消えます。
また、仮にその返信が、当たり障りのない内容であっても、「嫌われていることにはならない」ので、特に不安は出てきません。

メール返ってこなかったら凹みます涙

でも、私という人間が否定されたわけではありません。
メールを返す返さないは相手の問題で、自分の問題ではありません。
メールを返せない事情があるかもしれません。
もし事情がなくても、メールを返さない人とお付き合いしたくないですよね。

さて、不安を消すには、自分が安全であると認識することが第一歩です。

あなたはきっと、不安でいっぱいだと思います。
時に、この先どうなるんだろう?お金はどうなるの?このままで生活できるの?と経済的な不安があると思います。

その経済的な不安を解消するには、お金を得ることです。
働くことができばよいですが、きっと体調が悪く、働くことが難しいと思います。

そんなときは、障害年金を検討してみてください。
障害年金を受給できれば、少ない人で年間、約58万円。多い人では200万円になる人もいます。

障害年金を受給できれば、あなたの頭の多くを支配している経済的な不安は消えてなくなります。

まずは、障害年金の無料判定を受けてみてください。
あなたの不安を解消する第一歩を踏み出してみませんか?

あなたからのご連絡お待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける