うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

後輩芸人の家


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

突然ですが皆さんは、
お笑い芸人の下積み時代は、
どんな生活を送っているか興味ありませんか?

そこで今回は元お笑い芸人だった僕が、
お笑い芸人時代に印象的だった、
後輩芸人の生活を紹介しようと思います。

その後輩芸人は仮名としてA君とします。

あるライブの打ち上げで夜遅くまで飲み、
すっかり終電を逃してしまった僕を、
後輩のAが家に泊めてくれる事になりました。
その日は真冬でとても寒かったことを覚えてます。

Aの家は駅から徒歩20分、築50年の木造アパート、
部屋の間取りは6畳でトイレ付き、
お風呂は辛うじて人が1人入れるくらいの物でした。

家具は冷蔵庫ぐらいしかなく、
暖房器具は一切ありません。

部屋に入った時、
僕はこう感じました、
「いや、外より寒くね?」

恐らく元々の壁の薄さと、
アパートの老朽化により隙間風が入ることが原因です。

その時の気温は確か2度でした。
さらに暖房器具が無く、
僕はここで一晩過ごせるか不安でした。

一晩過ごして朝、眠りから覚めるのが先か、
凍死して永遠の眠りにつくのが先か、
後輩芸人の部屋で謎のデッドレースが始まりました。

「先輩、何か飲みますか?」

後輩Aが気をきかして冷蔵庫を開けました。
部屋は寒いが、Aは本当に良いやつです。

ただ僕は一つ気付いたことがありました。
冷蔵庫の温度計が4度と表示されていたんです。

いや冷蔵庫の中のほうが暖かいだと????????

外の気温は2度、冷蔵庫の中の温度は4度、
冷蔵庫の外の方がキンキンと冷えているんですね。
普通は逆だよね???

「お酒ならたくさんありますよ」

そう言ってAが冷蔵庫の扉を開けると
中にはビールにハイボール、
缶チューハイと色々なお酒がありました。

A曰く、暖房器具が無い代わりに、
寝る時はお酒を飲んで体を温めてるそうです。

いや、それコスパ悪くない??????????

お酒買うお金の方が高いだろうし、
何より極寒の部屋で酒飲んで寝る毎日は、
果たして体に良いのだろうか????

他人を見てそのやり方より、
断然こうした方が良いだろって思うことありますよね。

逆に今まで、
自分はこれで合ってると思ってたやり方でも、
他人に指摘されて、もっと良い方法があることに気づく、
そんなこともありますよね。

それは障害年金にも言えます。

書類を揃えて必要事項を記入して、
これで合ってると思って役所に提出しても、
審査が通らず障害年金を受給できなかった、
こう言った例がたくさんあります。

さらにうつ病で辛いなかで、
どうすれば障害年金を受給できる書類を、
揃えられるかの判断も難しいと思います。

でも安心してください。
僕たち全国障害年金パートナーズがいます。

あなたが障害年金を受給できるように、
しっかりとサポートいたします。

電話での無料相談も行っております。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

PS:後日、泊めてくれたお礼に、Aに小型のヒーターをプレゼントしました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける