うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

イタリアで次々発覚する障害年金詐欺事件

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
日本でも障害年金詐欺の問題は時折取り上げられますが、
海外でも同様の事件が起きています。
先日、イタリアのナポリで障害年金詐欺を行ったとして
公的機関に対する詐欺行為、証明書類の偽装行為で
30名が一斉検挙されました。
逮捕者の多くは盲目や難聴を偽った身体障害者で、
目撃者から通報を受けた警察が監視して
逮捕に至ったそうです。
障害年金詐欺の具体的なケースとして、
次のようなものがあったそうです。
・重度な障害と認定されていた男性が、サッカーチームの監督を務めていた。
その体の動きは健常者のようにごく自然で、サッカー協会にはなんと
健康証明書を提出していた。
・100%盲目のはずの女性が普通の郵便物を難なく開けて読んでいた。
その上、車を運転し、細い路地に楽々と車を駐車していた。
・盲目とされていた女性が、普通のしぐさでショッピングをして
服を見立てたり、キャッシュカードでお金を引き出していた。
今回のナポリでの事件を受けて、
海外ではこのような反応がありました。
”こういう不正直者達がいるせいで、本当の障害者なのに保障を受けられない
人がいるんだ”
”不正をする偽障害者を罰するだけでなく、そういう行為を可能としている
役所も罰するべきだ”
”賄賂を受けて証明書発行した医者なんかも逮捕しないと、
こういうことは無くならないよ”
このような反応を見る限りは善良な価値観をもっている人も多く、
少しだけ安堵できます。
ただ、海外だと医師に診断書の偽造を頼み、
断られたら銃で医師の足を撃ったという事件も起きていますので
本当にぶっそうです。
イタリアのナポリにせよ日本にせよ、
障害年金の事件が起こる度に何とかならないかなと考えてしまいます。
私個人の意見ですが、
日本で障害年金の不正受給が増えている原因の一つは
高値で販売されているマニュアル本だと思います。
「インターネットで売っているマニュアルってどうですか?」
と聞かれることが度々あるため、いくつかマニュアルを買って読んだことが
あります。
読んでみて感じたこととしては、
致命的な問題点が二つあるということです。
【問題点①:多種多様なパターンに対応できない】
障害年金は病気やケガによって障害等級の認定基準が違います。
また、個人別の状況によって必要な書類や記載すべき内容も異なります。
それをマニュアルというかたちで一つのやり方に集約するのは無理があります。
人によっては、マニュアルに従ったばかりに不支給になるケースがある
と感じました。
【問題点②:不正受給が増える】
詳細の説明はできませんが、
これをやったら不正受給だろという内容がありました。
実際、厚生労働省の委員会で取り上げられ、
不適切だと注意喚起されたマニュアルもあります。
しかも、それらのマニュアルを作っているのは社会保険労務士です。
同じ社会保険労務士として情けない限りです。
このような理由から、
私はマニュアル本を利用しての障害年金請求には反対です。
しかし、障害年金を請求する人は増え続けており、
障害年金を専門とする社会保険労務士の数もまだまだ不足しています。
障害厚生年金の請求だけで毎月2千件を超えているのですが、
私がサポートできるのはせいぜい月十件程度です。
月によっては依頼を断らなければならないケースも出ています。
何とか私達全国障害年金パートナーズのコンサルティングを
品質を落とさずに多くの人に提供できる方法はないかと考えています。
それも、従来の障害年金コンサルティングよりお求めやすく!
当然ですが、問題の多いマニュアル本という方法はとりません。
人によって対応すべき点が変わってくるという問題と
不正受給の問題。
これらを解決しつつ多くの人に同時にサポートを行える
サービスメニューを現在模索中です。
実際のサービス開始は2015年になってしまうと思いますが、
詳細が決まりましたら当社のメルマガ「障害年金虎の穴」の読者さんに
優先的に案内したいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける