うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

月末は障害年金の申請ラッシュ | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:宮里竹識
代々木上原のサンマルクカフェより、、
本日は2015年の4月30日、月末です。
月末は毎月そうなんですが、
けっこう忙しいです。
今日も4人分の申請書をもって年金事務所に行ってきました。
 

1.私が月末に忙しい理由


なぜなら、障害年金の提出を月内に行うべきケースが
多いからです。
というのも、障害年金の請求方法のうち、
事後重症による障害年金の場合は、
書類提出日の翌月から障害年金の支給が始まるからです。
月末に書類を提出するか、翌日の月初に提出するかで
もらえる年金額が1ヶ月分異なってくるのです。
ということですので、
できるだけ請求者が損しないように
月末は障害年金の手続きが増えるのです。
しかし、この月末に忙しいかどうかは、
良い障害年金社労士を選ぶ一つの目安にもなります。
 

2.なぜ月末忙しいかが良い社労士選びの目安になるのか?


その理由は、
「月内に間に合わなくとも社労士の報酬は変わらないから」
です。
障害年金専門の社労士さんへの報酬は、年金2ヶ月分というのが
スタンダードです。
別に、月末までに提出が間に合わなくて依頼者が損をしようが
社労士の報酬は変わらないのです。
そのため、社労士側の都合で考えると
急いで月内に書類を提出する必要はありません。
このあたりで社労士さんのスタンスの違いが現れます。
無理して障害年金の手続きをしなくてもいいやという社労士さんもいれば、
私たちのようにできるだけ依頼者の不利益にならないように
意識しながら動く社労士さんもいます。
 

3.いつが忙しいのか、社会保険労務士に聞いてみよう


というわけですので、
どの社労士さんに依頼するか迷ったら「いつが忙しいか」
聞いてみるのも一つの手です。
いつでもあなたのために時間を取りますよという社労士さんは、
もしかしたらお客さんの利益をそこまで考えない人かもしれません。
もしくは、そもそも継続してお客さんを獲得できない
社労士さんかもしれません。
一方、月末は忙しいということを明示し、
その理由まで説明する社労士さんは安心できると思います。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!