うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

社労士は見た!スタバで起こった女性の座席争い

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
今日はスタバで少し怖い思いをしました。
女性同士の座席争いです。
もしかしたらあなたにも関係あるかもしれないので、
情報共有したいと思います。
 

1.スタバで見た光景とは?


スターバックスには色んなタイプの座席があります。
丸テープルに二人以上で向かい合って座る座席、
一人用の小さな座席、
資料を広げたり勉強したりできる大きなテーブル席もあります。
今日私が座ったのは大きな六人掛けのテーブル席です。
スタバに限らず多くのカフェは
商品を買ってから自分の座席を探します。
しかし、店内が混んでいる場合など、
先に座席の場所取りをしてから商品を買うこともあります。
私の左隣にきた女性も後者のパターンでした。
左隣の席にきた女性は、
場所取りのための荷物を置いてレジへ向かいました。
しかし、一つだけ問題があったのです。
場所取りのために置いていったものが、
小さなビニール袋だったのです。
中身は何も入っておらず、
折りたたまれたビニール袋で大きさは携帯電話ほどです。
正直言って、場所取りのための荷物なのか
ただの忘れ物なのか区別がつきませんでした。
そうこうしているうちに、
別の女性が私の左隣に来て今度はカバンを置いてレジに行ってしまいました。
このあたりで私は嫌な予感がしてはいたのです。
案の定でした。
まずビニール袋を置いていた女性が戻ってきて、
カバンが置かれた席を見て仁王立ちしています。
その後カバンを置いた女性が戻ってきました。
嫌な空気が流れています。
しかし、勝負は一瞬で決まりました。
先に来てビニール袋を置いていた女性が、
「ここは私が先に場所を取っていました。カバンをどかしてください!」
と言ったのです。
当然、カバンを置いた人は不服そうな顔をします。
それはそうでしょう。
自分も場所取りのためにカバンを置いていたのですから。
ビニール袋は小さなものでしたので、存在に気づいていなかったかもしれません。
気づいていたとしても、前の客の忘れ物と思っても不思議ではありません。
しかしビニール袋の女性の剣幕におされて
「分かりました」
といってカバンを持って移動していきました。
私はずっと隣りにいましたが、少し怖かったです。
 

2.相手の言葉を理解しているか?自分の言葉が伝わっているか?


先ほどの女性による座席争い、
どちらも間違ったことはしていません。
しかし、争いになった原因は明らかです。
それは、
「ビニール袋が場所取りの道具として認識されなかった」
ということです。
後からきたカバンの女性も、
ビニール袋が場所取りのために置いてあると分かっていれば、
最初から別の座席に行ったはずです。
何らかの意思表示をしても、正しく相手に伝わらないと思わぬ争いを生みます。
障害年金の手続きにおいても、似たようなことが良く起こります。
あるとき、私が年金事務所の相談ブースで書類の審査をしてもらっているとき、
となりのブースからこんなやり取りが聞こえてきました。
相談者:
診断書を書き直せってどういうことですか!
年金事務所:
初診日が当初聞いた日付と異なっています。
そのため、正しい初診日から1年6ヶ月経過した日の診断書を
もう一度医師に書いてもらってください。
相談者:
また診断書の手数料が発生するじゃないですか。
年金事務所:
他にも、病歴・就労状況等申立書や障害年金請求書も
書き直しをお願いします。
相談者:
初診日が変わったからといって全部やり直す必要があるんですか。
そもそも初診日については前に相談していたはずでしょう。







色々ともめていました。
どうやら当初想定していた初診日が変わったことで
多くの書類が書き直しになったようです。
なぜこんなことになったのかの経緯は分かりませんが、
障害年金の手続きにおいて初診日の確定は
最も重要なことの一つで、最初に行うべきことです。
初診日の重要性は年金事務所の職員なら理解しているはずですので、
通常ならしっかりと説明して確認しているはずです。
しかし、年金事務所の職員も人間ですので
説明漏れがあったかもしれません。
または、相談者側がしっかり理解できていなかったり
自分の状況を説明できていなかったのかもしれません。
特に、うつ病による障害年金の場合、
うつ病者自身が病状により集中力や理解力が落ちているため、
年金事務所の説明を理解できないまま話が進むことがあります。
理解が不十分なまま手続きを進めてしまい、
結果として二度手間、三度手間になってしまうこともあるのです。
このようなことは、
自分で障害年金の手続きをする人にはよく見られる光景です。
障害年金は失敗してしまうと受け取れる年金額はゼロとなります。
多少の費用をかけてでも、
障害年金専門の社会保険労務士に依頼することをお勧めします。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける