うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

公務員の障害年金が10月から厚生年金に一元化されます

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
公務員の共済年金が厚生年金に一元化されるという話は
ニュースや新聞などで聞いたことある人もいるかと思います。
それは障害年金も同様です。
これまで公務員の障害共済年金とサラリーマンの障害厚生年金は
色々な面で格差がありました。
どちらかというと共済年金に有利になっていたのが実情です。
一部の共済組合では
初診の証明が取れなくとも障害年金が支給されていました。
厚生年金の場合、初診日を証明できなければ不支給となっていたので、
この差は大きいです。
また、公務員の障害共済年金の場合、
保険料納付要件を満たしていなくとも年金の対象になる
というのが、厚生年金との一番の差だと思います。
厚生年金や基礎年金の場合、
「加入期間の3分の2以上保険料を納めている」か、
「初診日の前々月までの1年間に保険料の未納がない」
という要件を満たしている必要があります。
この保険料納付要件を満たしていないと、
厚生年金や基礎年金は容赦なく不支給となります。
共済年金はこの納付要件が必要ないため、
他の年金制度と比べて有利な条件だったといえます。
しかしこれらの差異は今年の10月から
厚生年金のルールに統一されます。
したがって、制度間格差は解消されます。
ちなみに、公務員の障害共済年金はすべての面で厚生年金より
有利だったわけではありません。
共済年金の場合、共済組合に在籍している間は
障害年金が支給停止になるというルールがあります。
厚生年金の場合、働いて収入があったとしても
障害年金は満額支給されていますので、
在職中の年金という意味では厚生年金の方が有利だったわけです。
この部分についても10月からは厚生年金のルールに統一されます。
したがって、
これまで在職中のために障害年金が支給停止となっていた公務員も、
10月以降は障害年金が支給されることになります。
これで公務員とサラリーマンの障害年金の格差は
なくなるというわけです。
あとは、障害基礎年金の都道府県格差ですね。
こちらも専門家検討会で対策が検討されていますので、
今後大きく動くことでしょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける