うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

富士山からのハガキ

fujitozan
From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
本日、富士登山をした妻からハガキが届きました。
富士山の山頂にあるポストからハガキを出したそうです。
私の妻はここ数年毎年富士山に登っており、
今年も登ったということで記念にハガキを送ったということです。
私も何度か富士登山をしていますが、
今年は仕事の都合で行けませんでした。
世界遺産に登録されて以降、ブームが続いている富士登山。
今年もかなりの人数が富士山の山頂を目指しており、
頂上付近では登山者の行列ができている状況です。
この富士登山、簡単に聞こえるかもしれませんが、
かなり大変です。
私も一度目は高山病、二度目は悪天候で断念し、
三度目の正直でようやく頂上にたどり着くことができました。
高山病は深く呼吸をすることである程度対応でき、
事前にある程度の体力をつけていれば何とかなります。
しかし、天候だけはどうしようもありません。
私の二度目の富士登山の場合、
大雨・雷が激しく、3メートル先も見えない状態になってしまいました。
しかも夜。
この状態で登山を続けるのは自殺行為です。
2時間ほど待機していましたが天候が回復せず、
結局登山を断念して下山したのです。
やはり自然には勝てず、天気はコントロールできません。
これはうつ病にも通じるところがあります。
うつ病を発症すると、気分が落ち込んだり、焦燥感にかられたり、
眠れなくなったり、不安になったりと様々な症状が現れます。
これらの症状がいつ発生するのか、自分ではコントロールできません。
ある一定の条件を満たしたときにスイッチが入ったように
症状が現れる人もいますが、
何の脈絡もなく症状が現れる人もいます。
これらの症状をいきなり改善することはできません。
基本的には薬を飲んだり安静にするなどして、
症状が落ち着くのを待つことになります。
ただ、少しでも早く気持ちを落ち着けたいというのであれば、
「4・7・8呼吸法」
をお勧めします。
この呼吸法はアリゾナ州立大学アンドルー・ワイル博士が提唱したもので、
次のような手順で行います。
① 鼻から息を吸いながら4つ数える
② 息を止めて7つ数える
③ 8つ数えながら口から息を吐く
これを1サイクルとして4回行ってください。
慣れたら回数を増やすと良いでしょう。
私も焦ったときや疲れたときなどにこの呼吸をして
落ち着くようにしています。
朝起きたときや夜寝る前に行うなど、
習慣的に行えば鬱病改善に一定の効果があると思いますので、
興味があれば試してみてください。
<参考記事>
うつ病対策に有効な呼吸法



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける