うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ハッピーな人と一緒にいるとうつ病が治るって本当?

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
ハッピーな気持ちでいる人と一緒に過ごすと、
うつ病の予防になるだけでなく大幅な改善も期待できる
ということが最新の研究で分かってきました。
調査を行ったのはマンチェスター大学とウォーリック大学、
学術誌「Proceedings of the Royal Society B」にも
調査結果は掲載されています。
この二つの大学は、
アメリカの高校に通う二千人以上を対象に、
CES-D(うつ病自己評価尺度)に関連したテストを行ってデータを
集計しました。
その結果、周囲にハッピーな人が複数いた場合、
うつ病の進行が半減もしくは改善することが明らかになりました。
その一方でグループの中に鬱病の人がいても、
憂うつな気分は伝染しないということも分かったそうです。
この調査結果、
個人的には「本当かな?」と思っています。
少なくともすべてのケースに当てはまるものではない気がします。
なぜなら、
うつ病の人の周囲にハッピーな人が複数いたとしても、
うつ病者のストレスの原因が解消されるとは限らないからです。
ハッピーな人の近くにいることで自分も幸せな気持ちになれる、
ということはあるかもしれません。
でも、自分の抱えているストレスが解消しなければ、
うつ状態がいつ襲ってきてもおかしくありません。
また、憂うつな気分は伝染しないという調査結果でしたが、
人間関係の距離感によって違うのでは、と感じました。
例えば、家族のように毎日うつ病者と接していて
自分のことのようにうつ病者のことを考えているのであれば、
憂うつな気分が伝染することは十分に考えられます。
実際、うつ病者の家族がうつ病にかかってしまうという事例は、
色々なところで起こっています。
ちょっと批判的なコメントをしてしまいましたが、
気分が落ち込んでいるときにハッピーな人が近くにいるのは
良いことだと思います。
ハッピーな人が幸福の押し売りをしてこなければですが・・・。
気持ちの押しつけはごめんだ、
でも癒やされるくらいの距離感だとちょうど良い。
人間関係って難しいですね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける