うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

犬のうつ病が増えている!?

utudog
From:宮里竹識
渋谷のTULLY’Sより、、
実は最近、犬がうつ病にかかるというケースが増えているそうで、
英国ではなんと200万匹以上の犬がうつ病だったという
調査結果もあったくらいです。
なぜ犬がうつ病になるのか?
その理由は二つあります。
【理由①:留守番の時間が長く、一匹でいる時間が多い】
孤独というのは人間にとっても耐えがたいストレスとなりますが、
犬にとっても大きなストレスとなるということですね。
【理由②:犬にとって居心地が悪い】
例えば家庭の雰囲気が悪かったり
飼い主がかまってくれなかったりすると、
犬にとっても居心地が悪い環境となります。
犬は人間と違って言葉で気持ちを伝えることはできませんので、
愛犬のストレスに気づくことができないことがあります。
その結果、環境の悪い状態で長く過ごしていると、
犬もうつ病になってしまうということです。
もし犬がうつ病を発症した場合、
散歩に行くのも嫌がるようになり
”引きこもり”状態となります。
また、何時間も遠吠えをしたり、自傷行為をすることもありあす。
では、愛犬がうつ病にならないようにするためには
何をすればよいのでしょうか?
【対策①:スキンシップを図る】
とにかく愛犬とスキンシップを図るのが一番です。
犬は人間からの愛情を感じることができますので、
体をなでてあげたり一緒に遊んだりしましょう。
【対策②:一匹で留守番するときの環境を改善する】
飼い主が仕事で外出する事が多く、
一匹での留守番が多くなるとどうしても寂しさを感じてしまいます。
この一匹で過ごすというのに慣れさせることも重要ですが、
留守番中に音楽を流してあげたり、
冷暖房を入れるなどして快適に生活できるようにしてあげることも大切です。
いかがでしたか。
犬もうつ病になることがある、
うつ病にならないようにするための対策についてお話しました。
ちなみに私は犬を飼っていませんが、
将来的には犬を飼いたいと思っています。
問題は今のマンションがペット禁止なので引っ越しが必要なのと、
妻が猫派ということです。
この二つを乗り越えられたら、愛犬の記事を書きたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける