うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

職業別の睡眠時間ワースト5

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
睡眠不足はお肌の大敵とはよく言いますが、
うつ病にとっても大敵です。
脳は眠ったときにしか休めませんので、
睡眠時間が短いと脳のストレスが蓄積されていき、
うつ病になるリスクが高まっていくからです。
しかし日本人の睡眠時間は短いことで有名です。
1960年から2005年までの45年の間に
平均睡眠時間は50分も短くなっています。
では、特に睡眠時間が短職業とは何でしょうか?
2009年に20代から60代の男女4914名に行った調査により、
職業別の1週間あたりの平均睡眠時間が調べられました。
その結果、平均睡眠時間の短い職業ワースト5が次のように分かりました。
第1位:
 ●営業・企画系(6.2時間)
 ●専門職(6.2時間)
 ●役員・管理職(6.2時間)
第4位:IT関係(6.3時間)
第5位:教員(6.4時間)
営業・企画系、専門職、役員・管理職が同率一位で、
平均睡眠時間は6.2時間という結果でした。
IT関係や教員も一位と僅差の睡眠時間となっています。
組織の中で役職を持って働いたり、
顧客や組織内関係者の動向に行動が左右されやすい職業が
睡眠時間が短い傾向にあるようです。
一方、自営業者や販売系の人は比較的睡眠時間を確保できているようです。
この調査結果、
まったくその通りだと私も実感しています。
というのも、私に障害年金のサポートを依頼するお客さんの多くが、
営業・管理職・IT・教員など睡眠時間の少ない仕事でうつ病になったからです。
私自身も開業する前は社会保険労務士事務所で専門職の仕事をしていましたが、
平均睡眠時間は4.5時間ほどでした。
一度過労で体調も崩しています。
障害年金専門の社会保険労務士として開業してからは7〜8時間は
睡眠をとるようにしています。
その方が仕事の質も高いですし、作業効率も上がりました。
しかし自分の仕事の裁量が少ないサラリーマンなどは、
睡眠時間のコントロールは難しいかもしれません。
私自身の経験から言わせてもらうと、
過労で睡眠時間がなくなりうつ病になった人は
睡眠時間の少ない職業ワースト5に入るような仕事はしてはいけません。
仕事の環境が良いとはいえないでしょうから、
うつ病再発のリスクが高いです。
長時間働かなくてよい仕事を探しましょう。
または自営業・SOHOなど、
仕事の裁量がすべて自分にあるものを選びましょう。
デザインやITの技術があるなら、
ランサーズなどのSOHOサイトで仕事を受けながら生活するのもアリです。
いきなり社会復帰するのが難しい状況であるなら、
SOHOを使って自宅で簡単な仕事から始めるのがお勧めです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける