うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

宮里に電話しても簡単にはつながりません


From:宮里竹識
渋谷のTULLY’Sより、、
私たち全国障害年金パートナーズには、
毎日5〜6件の問合せや相談があります。
電話にも出れるときは出ますが、
打合せや外出、年金事務所に手続きに行っていたりと
けっこうハードなスケジュールで動いています。
そのため、
何だかんだで2件に1件くらいしか電話に出れていません。
人を雇って電話番を任せるという選択肢もありますが、
千差万別な対応が必要となる障害年金相談を行える人材なんて
そうはいません。
お客さんの要望に満足に対応できる対応ができる人なんていませんので、
結局従業員を雇うことはできず、電話にも出れない状態が続いています。
「夜でも休日でも対応します!」
という社労士事務所さんもありますが、
私たちとはスタンスが違います。
私の場合、休日や夜間対応をしていたら働き過ぎで
障害年金サポートのパフォーマンスが落ちてしまいます。
高いサービスの質を維持するためにも、
今後も簡単には電話に出れない状態が続くでしょう。
なので、相談相手は誰でもいいという人は
別の社労士事務所さんに電話して下さい。
だけど、
「全国障害年金パートナーズの宮里に相談したい!」
という人は私が電話にでなかった場合は、
時間をおいて再度電話してください。
タイミングがあえば直接お話を伺います。
ただ、一番確実なのはメールでの相談です。
必要な質問事項を用意していますので、
それにチェックしていくだけであなたが障害年金を受け取れるか判定します。
時間は不定期ですが、
3営業日以内に返信しますのでメールでの相談がお勧めです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける