うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

宮里先生に依頼して本当に良かったと思っています(埼玉県N.Mさんの事例)


1.基本情報


氏名:N.Mさん
年齢:40代
性別:女性
都道府県:埼玉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:障害基礎年金2級
年金額:約100万円
 

2.事例


家庭環境の悪化から体調を崩したN.Mさん。
複数の病院に通いましたが
中々体調は良くなりません。
不眠・不安・意欲減退・希死念慮・頭痛・動悸・対人恐怖
といった症状がN.Mさんを襲ってきます。
何とか仕事に就いたものの、
約半年で休職となってしまいました。
N.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日一食。自分で調理はできない
●部屋の掃除は全く行えない
●一人で買い物に行くことができない
●通院も一人では行けず、家族に付き添ってもらう必要がある
●対人恐怖が強く、コミュニケーションに支障が出ている
●車の運転もできない
●メールも自分では送れず、家族に文章を入力してもらう
●希死念慮が強い
●基本的には臥床して過ごしており、自発的な発言も少ない
●本や新聞の内容も理解できなくなってきた
私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に障害基礎年金2級が認められました。
 

3.N.Mさんの声


長い時間とお金をかけて、
ホントに障害年金を受給できるのかと悩んでいました。
ホームページを見て全国障害年金パートナーズを知りましたが、
すぐには依頼しませんでした。
色々と書類の準備があるだろうと思い、
それが出来る自信がなかった為です。
ですが、宮里先生のメルマガを拝見し続けて、
信用できると感じたため受給代行の依頼をしました。
私は体調悪化から外出できなかったのですが、
宮里先生は電話だけで対応して下さったり、
書類なども分かりやすくて助かりました。
メルマガを拝見して、宮里先生の考え方にとても共感し、
また、元気づけられる時もあります。
先生に依頼して本当に良かったと思っています。
心から感謝致します。
uv_71nm




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける