うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

30代の会社員はうつ病に要注意!?

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
うつ病にかかる年代というと、
40代〜50代が多いといわれています。
しかし最近は30代の会社員がうつ病を発症するケースが増えています。
その原因は、仕事のストレスです。
20代までは新人や若手社員として上司や会社の指示に従って
仕事をしていれば評価されていました。
しかし30代になると仕事の経験も積み、
業績を上げるための提案を求められたり、
役付きになって責任が重くなったり、
部下への指導、上司と部下との板挟みにあう
といった新たな悩みが発生してきます。
これまで経験してこなかった新たな環境にストレスを感じ、
うつ病を発症する人が増えているのです。
私も20代のころは若手社労士として
社会保険の手続きや給与計算などをメインに行っていましたが、
30代になると顧問先の社長からの労務相談やチームのマネジメントなど
より責任の大きな仕事を任されるようになりました。
それ自体が悪いというわけではありません。
私も新たな仕事にやりがいを感じていましたし、
給与も右肩上がりでしたから、
よりいっそう頑張ろうと思っていました。
意識してほしいことは、
これまでと違う仕事やより大きな責任をもつことで
脳はストレスを感じるということです。
うまくストレスを軽減させていかなければ、
うつ病発症リスクを高めてしまうのです。
忙しい時ほど休む事の重要性を意識してください。
頑張りすぎて潰れてしまった人をたくさ見ているので、
尚更そう思います。
私の場合、一人カラオケで叫び続ける事が
ストレス解消となっていました。
休日は趣味を楽しむようにするなどして、
仕事のストレスから離れるようにしてください。
もし趣味が楽しめなくなってしまったらうつ病の予兆かもしれませんので、
意図的に体を休めるなり心療内科に通って医師に相談するなりしましょう。
一度うつ病を発症してしまうと、
前の生活に戻るまでにはかなりの時間がかかります。
忙しくもやる気がみなぎっている30代こそ、
うつ病に対する意識を高めてほしいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける