うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

しばらくの間、審査請求単独での依頼は受けられそうもありません

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
私たち全国障害年金パートナーズが障害年金のサポートをした場合、
ほとんどの案件で障害年金が認定されています。
とはいえたまには不支給になったり本来よりも低い等級になることもあります。
役所の決定が妥当であれば仕方ありませんが、
明らかに不適切な決定を下すことがあります。
そんな時に利用するのが審査請求です。
この審査請求、
役所が一度決定したものを覆すために行うのですから、
それなりの根拠が必要です。
ただ納得いかないからと言っても通じません。
何が原因で不適切な結果になったのかを検証し、
役所の決定が誤りであることを証明しなければなりません。
これは知識や経験がなければ難しいことですが、
私は年中障害年金のサポートをしていますので
一定以上のノウハウが蓄積しています。
このノウハウを活用して審査請求を行っていますので、
審査請求の成功率も高いです。
今年行った審査請求は数件ありますが、
今のところこちらの主張がすべて認められています。
という感じで実績を出していますので、
お客さんの紹介などを通じて審査請求単独のサポートを依頼されることも
しばしばあります。
しかし申し訳ありません。
当面の間、審査請求の依頼は受けられそうもありません。
理由は、単純に私が忙しくて時間が作れないからです。
もちろん最初の請求からサポートしている人の場合は
審査請求の手続きも行いますが、
最初の請求は自分で行い、失敗したから審査請求のサポートを依頼したい
という人の依頼は受けられそうもありません。
審査請求に力を入れている社労士さんもいますので、
そのような社労士さんに依頼いただければと思います。
忙しさが落ち着いたら審査請求単独での依頼も受けられるようになります。
また業務効率化を図る必要がありそうですね。
去年システム周りを改善して業務効率化が図れたのですが、
また別の策を検討したいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける