うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病治療の最前線、もう病院に行かなくても診察が受けられるようになる!? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:宮里竹識
渋谷のTULLY’Sより、、
うつ病の治療でやっかいな問題の一つ、
それが”通院”です。
ただ病院に行くだけ、そんな風には考えないでください。
うつ病の状態で定期的に通院することは、
一般の人が思うほど簡単なものではありません。
なぜなら、
うつ病はその症状から朝起きられなかったり、
意欲や集中力がなくなってしまったり、
通院日を忘れてしまったり、
人と接するのが嫌で外出できなかったりと、
通院に大きな支障があるケースが多いからです。
実際私たち全国障害年金パートナーズに障害年金を依頼する
うつ病者さんの多くは、決まった日時に病院に通うことができず、
家族に付き添ってもらったり、遅刻してしまったり、
直前で予約をキャンセルしてしまうことも多いのです。
そのため電話での診療や薬の宅配サービスなどが求められていましたが、
適切な治療ができなくなるリスクから認められていませんでした。
そんなうつ病患者さんに朗報です。
これまで遠隔診療は「離島や僻地以外は原則禁止」とされていましたが
厚生労働省が遠隔診療の規制を緩和しました。
これにより、
パソコンを使ったオンラインで医師の診察を受けることも
できるようになりました。
216年1月に開業した新六本木クリニックでは
早速遠隔診療に取り組んでいます。
オンラインで診察の予約をし、
時間になったらビデオチャットで医師の診察を受ける、
薬は後日宅配便で送られるというものです。
【参照】
新六本木クリニック
このような遠隔診療に対応している病院はまだ一部ですが、
かなり需要はあると思いますので今後対応する病院は
増えていくと思います。
通院という負担を減らすことで
より療養に専念してうつ病改善につながればと思います。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!