うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

技術の進歩は素晴らしい!

From:宮里竹識
つくばのオフィスより、、profile1s
今日は朝から郵便局に行って郵送物の発送を行いました。
お客さんへ押印依頼をするものが多いのですが、
共済組合に郵送提出するものもあります。
郵送物のうち重要なものは簡易書留で送るのですが、
普通は簡易書留用の紙に自分の住所と名前、
送り先を書く必要があります。
でもこちらの郵便局は違いました。
なにやら機械をかざして宛先や送り主の情報を封筒から読み込み、
こちらは何もせずとも簡易書留の手続きができたのです。
技術の進歩ってすごいですね。
私は簡易書留を使うことも多いので、
かなり楽になりました。
人間は考えなければ何も変わりません。
私も障害年金の手続きをより効率化するため
色々考えています。
おかげで多くの書類をパソコンで作成し、
手書きで作ることはほとんどありません。
作業も早くなるし
私の字のきたなさも隠せるし
一石二鳥です。
今後の業務効率化の方針としては、
手続きが終わったお客さんの書類一式を紙で保管しているのですが、
これをデータ保管にしたいと考えています。
データであれば場所も取りませんのでお得です。
技術的には現時点でもデータ保管に切り替えることはできるのですが、
どうしてもいくつかの書類をスキャンしなければならず、
その時間がネックになっています。
郵便局みたいにかざすだけで画像をスキャンできれば良いのですが・・・。
郵便局にあるなら実用化されてそんな商品を買うことができるかもしれません。
ちょっと探してみます。
この辺のフットワークの軽さ、
即断即決で行動できることも私の強みです。
最後は自慢になってしまいましたが、
今後も障害年金の手続きを効率化し、
より高いサポートをできるよう改善し続けていきます!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける