うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

カーシェアリングを申し込みました!

From:宮里竹識
つくばの自宅より、、profile1s
つくばに移住してから、
障害年金の手続きを年金事務所にしに行く際には
2つの方法がありました。
1つは、
秋葉原オフィスに行ったときに
上野年金事務所に行くという方法。
もう一つは、
つくばから一番近い年金事務所である土浦年金事務所に
自転車で行くこと。
この両方を活用しています。
上野年金事務所に行くときは
すぐ近くの不忍池でポケモンGOのミニリュウを
探しています。
土浦年金事務所に自転車で行くときは、
片道1時間かかる距離なので
ポケモンGOのたまごをふ化させるのにうってつけです。
どちらも適度な運動になっています。
しかし私は、重要な事を見落としていました。
それは、
”もうすぐ冬がくる”
ということです。
私は沖縄出身ですので、
当然寒さに弱いです。
寒い中不忍池を散策したり、
自転車で土浦年金事務所に行くのは
苦行でしかありません。
さて、どうしようかと考えました。
東京での生活が長かったので車の必要性を感じていませんでしたが、
ついに車を買うときがきたのか、
と思ったりもしました。
しかし、別の解決策が目の前にやってきました。
マンションのポストに
カーシェアリングの説明会のチラシが入っていたのです。
どれくらいの費用がかかるのかと思い、
説明会に参加してきました。
するとどうでしょう。
月額費といった固定費はゼロ、
利用料は30分300円、
ガソリンの補充等も不要。
とてもお得ではありませんか。
私は土浦年金事務所に行くときくらいしか車を使わない予定ですので、
月にかかる費用は5千円もかからないでしょう。
カーシェアリングの会場の外では
子どもたちがベイブレードに熱中していましたが、
彼らと同じくらい心が熱くなりました。
とはいえまずは一度心をクールダウンさせます。
車を使わなければ費用はかからないのでデメリットはない、
と改めて確認したところで
カーシェアリングに申込みをしました。
これからやってくる寒い冬、
年金事務所への手続きは車で行くことになりそうです。
ただ、これまでに比べて運動量が減らないよう、
ビリーズ・ブートキャンプの頻度を増やして健康的な肉体と精神を
維持していきたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける