うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

アメリカで登場した新たなうつ病克服アプリ「Moodivator」

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、profile1s
多くの人がスマホを持つようになった現在、
うつ病治療の分野においてもスマホアプリが多数登場しています。
とはいえ、
日本のアプリの多くはうつ病かどうかを判定するもの、
あるいは日記をつけるものがほとんどでした。
一部では認知行動療法を取り入れたアプリもありますが、
有料なものが多いです。
ところが、
アメリカの製薬会社が無料のうつ病克服アプリを
開発しました。
それが「Moodivator」です。
「Moodivator」はアメリカの製薬会社Pfizerが開発したもので、
次の3つの特徴があります。
 
【特徴①:目標設定】
健康・家庭・仕事・人間関係といったカテゴリーごとに
達成したい目標を設定します。
そして、その目標を達成するためのアクションプランを
作っていきます。
それから、設定したアクションプランの達成期限を設定します。
1週間、1ヶ月というぐあいにです。
個人的にはこの”期限”が儲けられているのが良いなと
感じました。
人間、期限がないと中々行動しないものですからね。
私も小学生の頃、
夏休みの宿題は8月の最終週でまとめて行っていました。
期限がなければ宿題なんて絶対やらなかったでしょう。
スクリーンショット 2017-01-03 18.57.32
 
【特徴②:感情の記録】
”良い気分”、”悪い気分”といった感じで
感情を6段階で評価します。
ただ感情を評価するだけでなく、
なぜそのような感情が湧いてきたのかを分析して
記録することが重要になってきます。
スクリーンショット 2017-01-03 18.59.08
 
【特徴③:進捗レポート】
そして最後が進捗レポートです。
自分が設定したアクションプランの達成度合いや
感情の起伏データが数日〜数ヶ月単位でレポートに
まとめられます。
そして、このレポートを主治医とメールで共有することが
できるのです。
この”医師との情報共有”というのが
「Moodivator」の最大の特徴だといえます。
スクリーンショット 2017-01-03 19.00.56
私はうつ病による障害年金専門の社会保険労務士という職業柄、
うつ病の人と話をする機会が多いです。
その中でよくあるのが、
”医師に自分の状態を伝えきれていない”
というものです。
うつ病の場合、
気分が落ち込んでいて何に対してもおっくうになります。
自分の気持ちを言葉にするのも苦手になっていますので、
自身の状態をきちんと医師に伝えきれていない
という人が多いのです。
また、医師も忙しいのであまり詳細なことを
患者に聞くことができないというケースも
多々あります。
そのような状況ですので、
うつ病者の状況を医師とメールで共有できるという機能は
とても画期的です。
しかもそれが無料で使えるというのは嬉しいですね。
なぜこれだけの機能を備えたアプリが無料なのかについてですが、
それには理由があります。
それは、
アプリに蓄積されたデータは
開発元であるPfizer社にも匿名で共有されるからです。
うつ病者の情報を得ることで
Pfizer社は新薬開発に役立てることができるのです。
うつ病者は無料でアプリを使用でき、
開発元の製薬会社は有益な情報を収集できる、
まさにWin-Winの関係ですね。
このアプリが日本で使えれば良いのですが、
現在のところ英語版のみです。
とはいえ、
いずれ日本でも似たような機能をもったアプリが
登場するでしょう。
うつ病治療の選択肢が増えるのは望ましいことです。
また何か有益な情報がありましたら、
あなたにも共有しますね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける