うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

悪口ばかり言う人もたまには役に立つ!

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、profile1s
私たち全国障害年金パートナーズは、
日本でトップクラスの情報量を発信している
社労士事務所です。
2017年1月18日時点で
ブログの記事数が1559、
YouTubeの動画数が360となっています。
しかも現在進行形で次々と新しい情報コンテンツを発信しています。
するとどうなるか?
ほとんどの人にとっては
喜んでもらえる、あるいは興味がないという感じになりますが、
一部の人からイチャモンつけられるわけです。
私の名前や全国障害年金パートナーズで検索をかけてもらえれば、
私たちを批判する情報が見つかります。
全員匿名というのが面白いですけどね。
たくさんの人にメッセージが届くほど、
そのうちの一部の人から批判されるのは自明の理です。
人はそれぞれ考え方が違うので、
私の考えに賛同してくれる人もいれば
それは違うと考える人もいるのは当然です。
これは多くの情報発信する人の宿命です。
有名人なんかみんなそうですしね。
というわけで一部の人に非難される社労士として活動してきましたが、
私を非難する記事が役立つという事態が発生したのです。
それは先日私に障害年金のサポートを依頼してくれた人の話です。
電話で打ち合わせを行い、
最後に「どうやって全国障害年金パートナーズを知ったんですか?」
と訪ねたところ次のような答えがありました。
ネットで宮里先生を批判しているTwitterを見たんです。
それでどんな社労士さんなのか調べてみたら最初のイメージとは全く違くて。
ホームページやブログ、動画を見ているうちにこの人しかいない、
と感じて今回依頼したのです。」
こんな風に言ってもらえると嬉しいですね。
日々情報発信しているおかげか、
全国障害年金パートナーズに障害年金のサポートを依頼する人は、
”宮里先生に依頼したい”
と皆さん言ってくれます。
うつ病に特化していることもあって、
他の社労士事務所さんと競争せずに依頼してもらえることが多く、
ありがたい状況が続いています。
でも、私を批判する記事をきっかけに全国障害年金パートナーズを知り、
障害年金のサポートを依頼してくれる人もいると分かったのが
大きな驚きです。
マイナスのメッセージを発信しているとはいえ、
ある意味私たちの宣伝をしてくれていると考えることもできます。
そう考えると、
私を批判するネット上の匿名の人たちにも
感謝の気持ちが湧いてきますね。
私は氏名も住所も電話番号も顔写真も公開して活動しています。
もしあなたがうつ病で苦しんでいて、
通院開始から1年6ヶ月経っても働ける状態でないなら、
あなたの経済的不安を障害年金で解決できるかもしれません。
うつ病の障害年金は一筋縄ではいきませんので、
ぜひとも全国障害年金パートナーズへ相談してください。
もちろん、
ブログやYouTubeなどで私の考えに共感してくれたらでけっこうです。
電話には中々出られませんが、
あなたからの連絡をお待ちしています。
でも、ホームページから無料の障害年金判定を依頼してくれるのが
一番ありがたいです。
それでは、またお会いしましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける