うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【名言】ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない

From:宮里竹識
成田空港のスタバより、、profile1s
今私は沖縄に帰省するため、
成田空港のスタバで記事を書いています。
空港のスタバであれば優雅な気持ちで記事が書けると思ったのですが、
席がぎゅうぎゅう詰めで、スタバの快適空間とはほど度追い環境で
記事を書いています。
ちょっと想定と異なりますが、
たまにはそれも良いだろうと思っているところです。
さて、せっかく空港に来たのですから、
今日は旅に関する名言をお伝えします。
「ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない」
9665f00aa8a6798df19af10983182374_s
これは西洋のことわざで、
旅に関する名言の中でも一番好きな言葉です。
旅って言葉を聞いただけでワクワクしますよね。
”旅は人を成長させる”
”かわいい子には旅をさせよ”
なんて言葉もあるくらいです。
しかしですよ。
人間はそう簡単には変わらないものです。
私はハリソン・フォードのようになりたいと考えていますが、
旅に出たからといってハリソン・フォードになれるわけではありません。
宮里はいつまでたっても宮里でしかないのです。
旅というものに過剰な期待をしてはいけません。
旅をするにはお金がかかります。
旅をするには時間もかかります。
旅には危険がいっぱいです。
それを忘れてはいけません。
もしあなたの回りに頻繁に海外旅行に行っていて
それを自慢してくる輩がいたら、
こう思ってください。
「ロバは旅から帰ってきてもロバだ」
決して口に出してはいけませんよ。
人間関係にヒビが入りますからね。
ロバが旅に出たところでしょせんはロバ、
サラブレッドになって帰ってくることはありません。
自分は自分でしかないのですから。。。
とまぁ散々旅に期待してはいけないと言ってきましたが、
私自身は旅が大好きです。
退屈な平穏を吹き飛ばしてくれる旅には
お金をかける価値も、時間をかける価値も、
リスクを伴う価値もあります。
大学時代に行った3週間のイランの旅は最高でした。
ここ数年忙しくて旅に出れていないので、
旅行で満喫している人が羨ましかったのです。
というわけで今回は旅に関する名言をお伝えしました。
「ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない」
あなたの状況に応じてこの言葉を活用してください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける