うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

動画の音声改善に向けて!

From:宮里竹識
研究学園の珈琲館より、、
現在私たち全国障害年金パートナーズは
400を超える動画を公開しています。
社会保険労務士の中でも、
私たちほど動画に力を入れているところはないでしょう。
デジカメを使ってボケ感を出した画像、
オープニングやエンディングの動画もあります。
とはいえ私たちの動画も完璧ではありません。
まだまだ改善の余地があるのです。
とくに改善が必要なのが音質です。
すでに外部マイクや編集ソフトを使ってある程度は良くなったのですが、
まだ私の声にエコーが入っていたりノイズが聞こえるのです。
音量を大きくしたときやスマホで動画を再生したときなんかは
それが目立ちます。
その原因は私のオフィスとカメラにあるとにらんでいます。
まずオフィスについてですが、
基本的にモノを置いていないため
音が反響して響くのです。
それが原因で収録した音声にもエコーが入っていると思われます。
次にカメラですが、
今のカメラは動画撮影機能が充実しており
画質には何の問題もありません。
しかしマイク部分はさほど強くないのです。
それで質の良い音声を記録することができないのではと考えています。
というわけで、
動画の音質改善のために
次の3つの対策をとりたいと思います。
【対策①:壁面収納を導入】
オフィスに余計なものがなさ過ぎて音が反響しているのですから、
物を置けば音の反響が抑えられるはずです。
なので、応接スペースの壁一面に
壁面収納を導入します。
この壁面収納はただの収納ではなく、
テレビやインテリアを置くスペースもあります。
これを有効活用して音の反響を抑えつつ、
オシャレなオフィスにしていきます。
この壁面収納は、3月29日に届く予定です。
 
【対策②:カメラを買い替える】
今のカメラは画質は十分でしたが、
音の処理は十分とはいえません。
デジカメですので、
写真がメインだと言われればそれまでです。
とはいえ私はデジカメで撮った画質が好きですので、
ビデオカメラにはしたくないのです。
そこで、人気ユーチューバーがどんなデジカメを使っているのか調べました。
私が調べたところ、
今一番動画撮影に向いているデジカメは
パナソニックのLUMIX GH4というカメラのようです。
私もGH4にしようと思い調べたところ、
もうすぐバージョンアップしたGH5が発売されるではありませんか。

というわけでLUMIX GH5を予約しました。
3月23日に入荷されますので、
手に入り次第GH5で動画を撮っていきたいと思います。
 
【対策③:外部マイクを変える】
今回の動画改善は音質を良くすることが目的ですので、
いかに良い音をひろえ、ノイズを減らすことができるかが重要です。
そこで音にこだわっているユーチューバーがどんな外部マイクを使っているか
調べました。
見つけたのがSENNHEISERのMKE600という外部マイクです。

こちらはすでに購入して手元にありますので、
新しいカメラが手に入り次第使いたいと思います。
 
すでに3月27日までのメルマガで紹介する分の動画は完成していますので、
それ以降の動画が新しいカメラと外部マイクで撮影したものとなる予定です。
さらに、3月29日に壁面収納が届きますので、
4月分以降の動画は背景も一新して
より質の高いものをお届けしたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける