うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

35%がうつ病を自覚してから病院に行くまでに半年超!?

From:宮里竹識
錦糸町の星野珈琲店より、、
製薬会社の日本イーライリリーの調査により、
うつ病の症状を自覚した人のうち
35%は病院を受診するまでに半年以上かかっていたことが
分かりました。
調査はうつ病と診断された20代〜60代の男女517人からの
回答をもとに行われました。
病院を受診するまでに半年以上かかった181人に
その理由を聞いてみると、
次のような回答がありました。
●頑張りや気の持ちようで何とかなると思った
●性格の問題だと思った
●疲労が原因で少し休めば解決すると思った
●病院を受診することに抵抗があった
うつ病を自覚してから病院に行くまでに半年以上かかった人が
35%もいたこと、病院に行かなかった理由については
私も今回の記事になっとくです。
私もうつ病による障害年金専門の社労士という職業柄、
日々うつ病で苦しんでいる人の話を聞いています。
すると、
今回の記事の結果と同様に
病院を受診するまでに時間がかかったという人が
たくさんいるのです。
その理由を聞いてみると、
「疲れているだけだと思った」
「ただの体調不良と思った」
という人が多いのです。
うつ病という病気の知名度は上がってきたものの、
やはりうつ病に対する理解はまだまだ不足しているように感じます。
まさか自分がうつ病になるとは思わなかった
という人も多いものです。
しかし、うつ病はあなたが思っているよりもずっと身近な病気です。
過労や人間関係のストレス環境にあり、
不眠・意欲減退・吐き気・抑うつ・不安・希死念慮といった症状が
2週間以上続いているのなら、うつ病を疑ってください。
うつ病は脳の病気で、
心の弱さからくるものではありません。
過度に不安がらずに、
気楽に心療内科や精神科を受診してください。
早期発見早期治療が重要です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける