うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

県内の社労士に頼もうと思ってました(青森県のI.Rさんの事例)

1.基本情報


氏名:I.Rさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:青森県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約122万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約317万円)

 

2.事例


当時の夫からのDVとモラハラに苦しんでいたI.Rさん。

とても辛い日々を過ごしており、
朝起きれない・体が思い・胃痛・嘔吐・肩こり・頭痛・涙が出る・不安
といった症状が現れるようになりました。

病院を受診するとうつ病と診断されます。

10年以上も治療を続けていますが、
うつ病の症状はよくなりません。

食欲不振・耳鳴り・焦燥感・倦怠感・希死念慮・
意欲減退・無表情・動悸といった症状まで現れるようになりました。

これまでにうつ病で2回入院し、
このままではまずい、
と不安が大きくなったところで全国障害年金パートナーズに
サポートを依頼してくれました。

I.Rさんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は1日1食、調理はできず近所に住んでいる親が食事をもってきてくれる
●入浴は週に2回、家族に促されてもできないことが多い
●部屋の掃除や片付けは全くできない
●買い物は週に1回程度だが、何を買えば良いのか分からなくなる
●通院も一人では難しく、父に送迎してもらっている
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●質問と違う話をしてしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●一人で電車やバスを利用するのは難しい
●子供を幼稚園に送迎することもできない
●お金を下ろそうとしてもパスワードを忘れてしまう

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.I.Rさんの声


自分の病状が12〜13年と長くなり、
他のストレス性での体の痛みなども出てきて
パートやアルバイトも難しい状態になり、
生活費の不安がありました。

インターネット・YouTubeを通じて
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐには依頼しませんでした。

青森県内の社労士へ頼もうかと思っていたのと、
自分の病状で障害年金は受給できないのでは?
と思っていたためです。

考えているうちに病状も悪化していき、
宮里さんとの電話でのやりとりで依頼しようと思いました。

依頼と同時に入院しましたが、
メールのやりとりと電話でしたのでスムーズに申請までいきました。

うつ病は、
たいていは長くかかる病気の方がほとんどだと思います。

毎日の生活だけでも苦しく辛いものなので、
少しでもストレスや不安を少なくするために障害年金を受給しても
後ろめたいことでもないし恥ずかしいことでもないと思います。

宮里さんに依頼して障害年金を受給できるようになりましたので、
治療に専念しようと思います!

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける