うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

宮里先生の優しさが決め手で依頼しました(富山県の清水さんの事例)

1.基本情報


氏名:清水さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:富山県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約120万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約180万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、
月の残業は80時間、
深夜労働や休日労働もあって疲弊していた清水さん。

過労がたたって倦怠感・意欲減退・不眠・不安
といった症状が出てきました。

病院を受診すると双極性障害と診断されます。

薬物療法を続けていたものの症状は悪化し、
イライラ・浪費・躁・食欲不振・多弁・多動・希死念慮・
趣味や関心の喪失といった症状も現れるようになりました。

仕事も続けることができずに退職となりました。

清水さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では用意できず、家族が用意しても残してしまうことも多い
●入浴は週に2回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●買物に行くこともほとんどない
●躁状態になると浪費し、有り金全部を使ってしまう
●自分の気持ちを言葉にするのが苦手
●質問されても違うことを話してしまう
●躁状態になると、相手の話を聞かずにしゃべり続けてしまう
●集団行動は難しく、家族以外の人との交流はない
●車の運転も難しくなっている
●人が多いところに行けない
●イライラして攻撃的になってしまう

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3.清水さんの声


闘病中の経済的な問題に悩んでいました。

病気だけでも辛いのに、
経済的なことまで考えることが正直でできずに不安でした。

「障害年金」がうつ状態でも受けられることを知り、
ネットで検索したところ一番最初に出てきたのが
宮里先生のホームページでした。

すぐに依頼しました。

簡易診断が具体的だったことや認定率が高いこと、
そして何より電話口で話してくださる宮里先生の優しさが決め手で
依頼することにしました。

手続きが思ったよりスムーズで驚きました。

しかし、自分一人では決してできなかったと思います。

【これから障害年金を受ける人へ】
うつ病は闘病だけで精一杯だと思います。
そんな時、誰かの力を借りることで楽になれます。
少なくとも障害年金を受け取ることで経済的な不安は解消されるはずです。
一人で悩まず、専門家に相談しましょう。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける