うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

他にも社労士がいて、どこに依頼すれば良いのか悩んでいました(埼玉県のK.Kさんの事例)


1.基本情報


氏名:K.Kさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:埼玉県
病名:気分・感情障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約120万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約167万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、月に100時間ほども残業をしていたK.Kさん。

休日出勤や深夜労働も多く、
過労状態が続いていました。

そのような中、
不眠・憂うつ・パニック・疲労感といった症状が現れるようになります。

病院へ行くと気分・感情障害と診断され、
薬物による治療が開始されました。

しかし中々症状はよくならず、
動悸・恐怖感・不安・意欲減退・焦燥感・食欲低下・
趣味や関心の喪失・イライラ・希死念慮・幻聴・多弁・多動
といった症状も現れるようになりました。

10年ほど治療を続けていましたが症状は改善せず、
生活のためにも障害年金が必要となり、
私たちへ依頼してくれました。

K.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、食事は家族が用意して自室までもってきてくれる
●入浴は3週間に1回程度
●着替えは2週間に1回程度
●部屋の掃除や片付けはできない
●金銭管理能力に支障があり、1,500万円ほど浪費してしまった
●服薬管理も自分ではできず、家族が行っている
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉にするのが苦手
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流は乏しい
●車の運転も難しく、直近1年で数回自損事故を起こしている
●災害等で避難指示がでても、避難できないと思われる
●バスや電車を使っても、目的地に中々たどり着けない
●難しい話は理解できなくなっている
●基本的に外出できず、自宅で横になって過ごしている

私たちがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められることになりました。

 

3.K.Kさんの声


他にも社労士先生がたくさんいて、
どちらに依頼すれば良いのか?
と悩んでおりました。

インターネットで全国障害年金パートナーズを知りました。

即断即決で依頼を決めました。

この先生は本物だと直感的にピンときたので。

一切合切すべてを代行してくれるとの事でしたので
依頼を決めました。

何のストレスもなくスムーズに障害年金の受給が決定致しました。

【これから障害年金を受け取る方へ】
まずは宮里先生の無料判定だけでも受けてみることをオススメします。
うつ病の障害年金なら全国障害年金パートナーズで決まりです!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける