うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

受給のための手続きが煩雑だと聞いており、自分にできるか不安だった(新潟県N.Kさんの事例)。 | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:N.Kさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:新潟県
病名:双極性感情障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約130万円)

2.事例


同居していたパートナーとの関係が悪化して破綻しそうになり、パートナーと住居とを同時に失うことの対する不安に囚われ、大きなストレスを感じるようになった。

N.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食しか摂ることができない。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりにパートナーに買ってきてもらうか、一緒に連れて行ってもらっている。
●病院は一人で行くことができず、パートナーに連れて行ってもらっている。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●他人に説明をするのが難しい。
●パートナー以外との交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

3. N.Kさんの声


受給のための手続きが煩雑だと聞いており、自分にできるか不安だった。

インターネットで「障害年金を受給するには」と検索をしたら、パートナーズのHPにすぐに行き当たった。

すぐに依頼をした。

HPの見やすさや説明のわかりやすさ、また「全国無料で見積もりの対応をします」とあったから。

担当の社労士さんの対応がとても親切かつ丁寧で、非常に好感が持てました。

苦しい時こそ、プロのサポーターの手を借りて、1日でも早く年金を受給できるようにすべきだと思います。そうすることで、より早く精神的な安定につながるからです。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!