うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

夫のうつ病が長期に渡り、しばらくは傷病手当で生活をしていましたが、期間も限られており、再度働こうとすると病状が悪化し、休まざるを得ないため、生活が成り立たないという悪循環で不安でした(長崎県K.Mさんの事例)。


1.基本情報


氏名:K.Mさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:長崎県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約570万円)

2.事例


仕事中に首をムチ打ちしたことがきっかけで、不眠となった。不眠が影響して業務に支障が出始め、大きなストレスを感じるようになった。

K.Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●自分で食事を用意することができず、代わりに妻・義母が食事を作ってくれる。
●入浴は週3〜4回しか入ることができない。
●一人では人が多いところでの買い物ができない。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手である。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●宅急便等が来た時に対応できず、妻がいないときは居留守を使ってしまい、代わりに帰宅後に妻が対応をしている。
●子供の学校行事や保護者の集まりに参加することができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

3 .K.Mさんの奥様の声


夫のうつ病が長期に渡り、しばらくは傷病手当で生活をしていましたが、期間も限られており、再度働こうとすると病状が悪化し、休まざるを得ないため、生活が成り立たないという悪循環で不安でした。

障害者手帳について調べていたときに、障害年金が受給できる可能性があることを知り、その手続きを調べていたところ、御社のHPを見つけて知りました。

10日ほどで依頼をしました。少し期間が空いたのは、遠方のため。HPだけを見て、信頼して良いのか、電話、メールや郵送のやり取りだけで可能なのか躊躇したことと、夫本人に御社の説明をするのに時間を要したため。

障害年金の轍dフキは非常に煩雑で、自分たちで申請するのは難しいと感じたことと、御社がうつ病による障害年金専門である事が決め手となりました。

遡及請求も依頼したのですが、該当期間に転居や転院をしていたため、関係各所への資料の取り寄せや問い合わせが大変でした。その度に迅速でかつ丁寧に対応をしてくださったため、相談できる安心感で頑張る事ができました。大変感謝しております。

うつ病にかかった本人はもちろんですが、それを支える家族も本当に大変です。療養していく中で、不安はたくさんありますが、その中でも経済的不安はとても大きいと思います。迷っているのなら依頼することをおすすめします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける