うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

まず無料相談をして、すぐにコンサルティングを依頼しました(東京都K.Iさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Iさん
年代:50代
性別:男性
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアムコンサルティング
結果:遡及しての障害厚生年金3級
年金額:約87万円(遡及額:約150万円)
 

2.事例


仕事の環境が大きく変わり、自分の裁量でできる範囲が小さくなって
無意識にストレスをためていったK.Iさん。
何人か体調不良を起こす同僚が出る中、
K.Iさんも頭痛・めまい・倦怠感・動悸・不眠・意欲減退といった症状が現れ
心療内科を受診しました。
うつ病と診断され、2週間に1回通院して抗うつ薬を処方されていました。
しかし、体調は思うように戻らず、
2年間の休職を経て復帰したものの再度体調が悪化し、
結局退職することになりました。
K.Iさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は自分では用意できず、母が作ったのを何とか食べるだけ
●入浴は週に3回程度
●買い物は一人では行けず、母の買い物に付き添う程度
●通院は基本一人で行けるが母に病院の入口までついてきてもらうこともある
●薬の飲み忘れはない
●人と話をするのがおっくうで、母以外の人と話をしない生活が続いている
●外出できないので社会生活に必要な手続き等は基本的に母が行っている
基本的には2級と3級の間くらいの状況です。
しかし、大きな問題が発生しました。
それは主治医が協力的でなかったということです。
診断書は何とか作成してもらったのですが、
かなり症状を軽く書かれてしまいました。
修正の依頼をしても受け付けてもらえません。
このままでは不支給となってもおかしくない状況でした。
そのため、病歴・就労状況等申立書をかなり入念に記載し、
K.Iさんが障害年金の要件に該当することを強く訴えました。
その結果、無事に障害認定日に遡っての3級が認められました。
 

3.K.Iさんの声


どの程度の障害で障害年金がもらえるか分からない、
手続きが複雑であるということに悩んでいました。
ある日、ウェブサイトのバナー広告から全国障害年金パートナーズを知り、
まずは無料判定を依頼して、その後すぐにコンサルティングを依頼しました。
他に障害年金専門の社会保険労務士が見つからなかったことと、
費用が明確になっていたことが決め手で、コンサルティングを依頼しました。
実際に依頼してみて、
電話やメールで親切丁寧に対応していただき、
分かりやすくスムーズに進みました。
宮里様のおかげで無事に障害年金3級が認定されました。
ありがとうございます。
uv_42ki



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける