うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金が1年以上遡って支給されることが決まり、大変嬉しく思います(大阪府N.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Kさん
年代:50代
性別:男性
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:総合コンサルティング
結果:遡及しての障害厚生年金3級
年金額:約83万円(遡及額約100万円)
 

2.事例


毎月100時間以上の残業を行い、
睡眠時間も3時間程度といつも忙しくしていたN.Kさん。
過労がたたったのか、
しだいに不安・動悸・めまい・耳鳴りといった症状が現れ
仕事にも行けなくなったため精神科を受診しました。
病院に通うものの最初の半年はまともに動くことも
できなくなっていました。
少しずつうつ病の症状は安定していったものの、
働ける状態までは回復せず、
仕事も退職となり現在まで治療に専念しています。
N.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日二食で、火を使うと火傷することが時折あった
●入浴は毎日入れたが、几帳面過ぎて体を洗うときも左右同じ回数洗う
●最低限の買い物はできたが、事前にメモを用意することが必要。
また、レジに並ぶと不安や動悸が強くなっていた。
●薬の飲み忘れは週に1回程度。調子が悪いときは逆に薬を飲み過ぎてしまう
●人と話していても相手が何を言っているのか分からなくなることがあるが、
聞き返すのも恥ずかしくて分かったふりをしてしまう
●社会的手続きを行うには、サポートが必要だった
働くことは困難だったものの日常生活はある程度行うことが可能でしたので、
3級が妥当と考えていました。
日本年金機構が不適切な判断をしないよう、
診断書の依頼時に主治医にN.Kさんの状況を説明した資料を作り、
その他の書類作成も工夫を凝らしました。
その結果、無事に障害認定日に遡っての年金が3級で認められました。
 

3.N.Kさんの声


失業保険の支給も終わり、退職金も徐々に減って行き、
経済的に困っていました。
インターネットで動画ネタを探しているときに
全国障害年金パートナーズを偶然見つけ、
すぐに障害年金コンサルティングを依頼しました。
このような障害年金制度があることを知らなかったのですが、
「おそらく3級が支給されるでしょう」
という宮里先生の助言が決め手でコンサルティングの依頼を決めました。
1年以上遡って支給されることが決まり、大変うれしく思います。
今までもこれからも、まだまだ障害年金を知らない人が
たくさんいると思います。
では、支給されなかった年金はいったいどこへ行ってしまうのでしょうか?
かなりの人が障害年金を受け取れていないという現実を
腹立たしく感じます。
uv_29nk



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける