うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

社会的にも精神的にも金銭的にも絶望していました!(東京都の小川徹様の事例)

1.基本情報


氏名:小川徹さん
年齢:40代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:過去に遡っての障害厚生年金2級
年金額:約145万円(遡及額:約500万円)
 

2.事例


IT業界で働いていて、毎月100〜150時間もの残業をしていた小川さん。
朝4時半に起きて出勤し、帰りは深夜タクシーで帰宅するという
毎日が続いていました。
そのような中、不眠・倦怠感・希死念慮といった症状が現れ、
病院に行くことになります。
当初は自律神経失調症、病院を変えてからはうつ病と診断されました。
約10年もの間治療を続けていましたが症状は改善せず、
自殺を考えてロープや練炭を買ってしまったこともあるそうです。
病気が発症してしばらくは仕事もできていたのですが、
やがて体調不良から退職となり、
もう何年も働けない状態が続いています。
たまたまホームページで全国障害年金パートナーズを知り、
すぐに受給代行の依頼をしたとのことです。
小川さんの日常生活の状況は次のとおりです。
●食事は一日一食程度で、自分では調理することも後片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に1回、着替えも同様
●部屋の掃除も全くできない
●一人で買い物に行くこともできない
●通院は家族に付き添ってもらうことが多い
●薬の飲み忘れや飲み過ぎることも多い
●人と話をするのもおっくうで、ここ4年ほどは家族以外の人と話をしない生活が続いている
●希死念慮が強く、電車に乗ることもできない
●自宅から出ることがほとんどないため、社会的な手続きもすべて妻に任せている
適切な手続きを行うことで、遡及での2級という結果を出すことができました。
 

3.小川徹さんの声


社会的にも精神的にも金銭的にも絶望していました。
自殺することばかり考えていて、保険金を家族に残すことを考えていました。
死にたい自分が9割、生きたい自分が1割の状態でした。
インターネットで「うつ病」「障害年金」で検索して
全国障害年金パートナーズを知りました。
二、三件ほど社会保険労務士のホームページを比較しましたが、
すぐに全国障害年金パートナーズに依頼しました。
他のホームページはちょっと胡散臭い部分があったので・・・。
過去のブログや動画などを拝見させていただいて、
情報を発信されていること、それが充実していること、
「うつ病」に特化していて他の依頼は受けないと謳っていたことが決め手で
受給代行を依頼しました。
先生のお人柄とご尽力のおかげで、また先生の秘策○○のおかげで、
私は何も考えずに先生の指導通りに進めて行けたので
ストレスフリーでした。
実は宮里先生と私は非常に近いところに住んでいますが、
手続き中は一度も先生とお会いしていません。
すべて電話とメールで事足りました。
ですので、遠隔地の方も安心して依頼できるのではと思いました。
今回、面倒くさい案件を依頼したのですが、
最高の結果が得られたことに大変感謝しております。
ありがとうございました。
uv_64ot



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける