うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病専門とはっきり書いてあったのでお願いしました(東京都A.Sさんの事例)

1.基本情報


氏名:A.Sさん
年齢:30代
性別:男性
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:障害年金3級
年金額:約58万円
 

2.事例


毎日朝9時から夜10時まで働いていたA.Sさん。
ある日急に上司が変わったことで、
仕事のやり方も大きく変更となりました。
それに加えて本来の自分の仕事と違うこともやらされるようになりました。
そのような中、不眠や涙が止まらないといった症状が現れます。
複数の病院を転院しながら治療を継続していきますが、
中々うつ病は良くなりません。
不眠・不安・意欲減退・希死念慮といった症状も出てきました。
仕事も転職を繰り返していましたが、
1年前に退職して以降は働けない状態が続いています。
A.Sさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日1食か2食で調理はできない
●入浴は3日に1回、部屋の掃除は1ヶ月に1回、洗濯は2週間に1回
●自暴自棄になって高額な買い物をすることが年に1回ほどある
●人と話したくないと考えており、相手の質問にも答えられないことがある
●ハサミやカッターは怖くて使えない
●社会的手続きは、助言や指導がないと難しい
●通院や最低限の買い物以外は外出できず、自宅に引きこもっている
日常生活の状況や現在一人で生活できていることを考えると、
3級が妥当かと思っていました。
初診日の証明が難しかったですが、
色んな工夫をして無事に3級が認定されました。
 

3.A.Sさんの声


自分一人で複雑な書類の記入や提出ができるか悩んでいました。
ネットでいろいろ探している中で
全国障害年金パートナーズを知りました。
何十もの社労士さんのホームページがあって悩んでいたため、
すぐには依頼しませんでした。
うつ病専門とはっきり書いてあったことが決め手で、お願いしました。
初回の電話とあとはメールでのやりとりだけで、
自分ですることは作っていただいた資料にハンコを押すだけでしたので、
体調が悪すぎない日以外は対応できました。
うつ病で障害年金をもらえることは、国はオープンにしているとは言い難いです。
医学に基づいて判断されるので、自信をもって請求してもいいと思います。
uv_86as



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける