うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

これ以上家族に迷惑をかけたくないと悩んでいました(大阪府のM.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:M.Yさん
年齢:30代
性別:女性
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:障害厚生年金2級
年金額:約170万円
 

2.事例


父親の自殺をきっかけに不眠・不安・涙が出る・家事ができなくなる
といった症状が現れたM.Yさん。
病院で診察を受けると
うつ病と診断されました。
その後10年近く治療を続けていますが、
中々良くなりません。
症状も悪化し、
希死念慮や自傷行為といったものも現れてきました。
仕事も何とか続けていましたが
フルタイムでは働けなくなり短時間勤務となりました。
その後就労そのものが困難となり、ここ5年ほどは就労できていません。
直近では入院するほど症状は悪化しています。
そんな中、M.Yさんの夫がたまたまインターネットで
全国障害年金パートナーズを見つけてくれたことをきっかけに
私たちに依頼してくれることになりました。
M.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は家族が用意しても日中は食べれず、夜にひたすら食べ続ける
●入浴は週に2〜3回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは全くできない
●外出するときにも化粧などの身なりを整えることができないことが多い
●買物には一人ではいけない
●金額の概念もあやふやになっているため、金銭管理は夫が行っている
●通院も一人では行けず、夫が毎回連れて行っている
●薬の管理も夫が行っている
●すぐに泣き出したり情緒不安定になるため、家族以外の人とは話をしない
●希死念慮が強く、自傷行為が多い
●対人恐怖から、電車やバスに乗ることもできない
●銀行でのお金の出し入れや市役所で住民票をとるといったこともできない
私たちでサポートした結果、
障害認定日時点では働いていたため認定日請求は認められず、
事後重症で2級となりました。
2級という結果にM.Yさんも家族も喜んでいただけました。
 

3.M.Yさんの声


うつ病は治る病気であるのか、
これ以上家族に迷惑をかけたくないと悩んでいました。
たまたま夫がインターネットを色々見ていて、
全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐに依頼しました。
やはり昨年度の未受給が2件しかない、
ほぼ依頼したら受給できるというところに
すごく託してみたいと思いました。
最初の電話相談の時からしっかりこちらの事を聞いてくださり、
メールでのやり取りも、どんな質問にも迅速に丁寧に答えていただき、
すごく良かったです。
本当にうつ病で生活が困っている方は
ぜひ宮里先生にお願いしてほしいです。
すごく安心してやり取りできて、
最高の結果をもたらしてくれました。
本当にありがとうございました。
やっとスタートラインに立てました。
uv_121my



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける