うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「成功報酬が年金3ヶ月分というのは高すぎる」と思っていました(千葉県の渡邉さんの事例)

1.基本情報


氏名:渡邉さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:広汎性発達障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡っての障害厚生年金2級
年金額:約156万円(次回更新時までの受給額は約455万円)
 

2.事例


仕事をしていたが体調が悪く、
電話で指示された内容が理解できない、
メモをしてもその内容を間違えてしまう、
めまい、手足のしびれ、パニック、不安といった症状がありました。
仕事上がりに日報を書いても、
それだけで7時間もかかってしまいます。
これはおかしいと思い病院に行ったところ、
最初は適応障害、次に双極性障害、
そして広汎性発達障害と病名が変わっていきました。
仕事もできなくなり、
ここ1年ほどは療養に専念しつつ
在宅勤務可能な職場を探しています。
渡邉さんの日常生活状況は次のとおりです。
●調理も行えず、1人だと食事そのものが困難
●入浴は2日に1回だが、自分では入れず、妻の援助が必要
●部屋の掃除はまったくできない
●トイレも1人だと不安定になるため、妻がいるときしか入れない
●1人で買物に行くことはできない
●週に4〜5回は薬を飲み忘れるため、妻が頻繁に注意している
●相手の話が理解できなくなるが、分かったふりをしてしまう
●電車やバスにも乗れない
●手足の震えがあり、ATMでお金を引き出すのも難しい
●理論的に説明するのが難しいため、区役所等での手続きも妻の同伴が必要
私たち全国障害年金パートナーズは”うつ病”による障害年金専門の
社労士事務所ということもあり、
発達障害は着手金の返金保証の対象外となります。
そのことを説明して理解してもらった上でサポートを行いましたが、
無事に遡っての2級が認められ、大変喜んでもらえました。
 

3.渡邉さんの声


ハローワークでは「簡単に受給できるので障害年金を申請するように」
と言われたのに、申請方法は「区役所で申請して」としか説明してもらえず、
WEBで方法を検索すれば「代行に何ヶ月分もお金を払うのは馬鹿。
誰でも自分で申請して受給できる」と書いてあるところもあれば、
Q&Aサイトには「自分は重度と診断されているのに申請が却下された」
という相談が載っていたり、何が本当なのか分からない状態でした。
「自分は病院で”重度”と診断されているのに不支給の決定通知がきました。
どうしたらよいでしょう?」という相談がWEBに載っているのを見て
「自分で申請するのは無理だ」と考え、「障害年金」「代行」と
Google検索をして全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐには依頼できませんでした。
どんなことをするにも、
「今手をつけても時間がかかって今日中には終わらないだろうから、
明日起きたらすぐにやろう」と考えるようになってしまっている状態だったので、
代行依頼も同様に1日伸ばしにする毎日が続いてしまっていたためです。
「魔法の靴」の動画を拝見し、宮里先生の奥様の年金申請という
先生自身の経験が元になっているのならと、一番頼りになる先生だと
思えたため依頼しました。
今でこそ正直に申し上げられるのですが、最初は、
「成功報酬が年金3ヶ月分というのは高すぎる。せいぜい1ヶ月分が適切」
と考えていました。
これは、宮里先生のようなプロの方なら数回のメールと、
せいぜい1時間程度の所要時間の書類作成を1回程度の手続きだと
思っていたためで、これだけ丁寧に面倒を見ていただいたり、
あれだけ根気よく何度もご連絡くださったことを思えば、
3ヶ月分は全くもって当然の謝礼だと思うようになりました。
着手金の10倍返金保証が対象外ということは成功の可能性も低いのかなと
思っておりましたが、多分無理なのだろうと諦めていた遡っての支給まで
受けられるようにお手続きいただき、本当に救われた思いです。
また、申請の途中でも整えていただいた申請書をお届けいただいても
私が必要事項を記入して返送させていただくには今の私には
何か原動力がないと大変難しかったところ、日頃ご配信いただく
メルマガや動画を励みにこれができました。
それに、受給決定で経済的な心配が和らいでも自分の体調を治すことは
別問題であるところ、支給開始後もメルマガや動画に救われております。
私は実際にはまだ自分に対して「甘えるな!働け!」と思ってしまう状態から
抜けられないのですが、動画を拝見し、「甘えを受け入れる」という
アドバイスでとても救われたような気持ちになりました。
数々のご援助に心より感謝しております。
この度のご代行、本当にありがとうございました。
uv_109wh



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける