うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【たけしーさー日記】悪徳社労士宮里の悪事を糾弾するよ!

From:たけしーさー
つくばのオフィスより、、gyarakusi-sa-
こんにちは、全国障害年金パートナーズの守り神のシーサー、
たけしーさーだよ。
2017年がはじまってもうすぐ1ヶ月、
あなたはハッピーに過ごせたかい?
ぼくはアンハッピーな年明けだったよ。
なぜかって?
それは宮里がお年玉をくれなかったからさ。
正月に宮里にお年玉をねだったら、
「長生きしてるんだからいらないよね」
なんて言うんだよ。
たしかにぼくは長生きしてるさ。
でもそんなの関係ねぇ!
大事なのはお年玉をほしいと思うぼくの気持ちさ。
あなたもそう思うよね。
でもそんな主張も宮里には通じず、
結局お年玉はもらえなかったんだ。
というわけで宮里に一泡ふかせようと
色々調べたんだ。
すると、
とある障害年金社労士のホームページにこんな感じことが書いてあったんだ。

「一部の社労士が”年金事務所はあなたの味方ではない”、
”医師は障害年金に理解がない”といった不安を煽るようなことを言っているが、
それは誇張表現であり公平さを欠いている」

これをみて勘の鋭いぼくはピンときたね。
これは宮里のことを言っているんだと。
宮里は時折こんな発言をしているからね。
確かに誇張した表現で不安を煽るのはよくないよね。
宮里め、なんて悪いやつなんだ。
正義の味方のぼくとしては、
こんな悪事は放っておけない!
これをネタに宮里をとっちめてやる!
(そしてお年玉を今からでもぼくにくれるように仕向けるんだ・・・)
 
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]というわけで宮里。
これはどういうことだい![/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]相変わらずいきなりだね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]この社労士さんのホームページを見なよ。
ここに書いてあるのは宮里のことだよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]確証はないけど、その可能性はあるね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]障害をもった人の不安を煽る、
そんな悪いことはぼくが許さないよ。
さぁ、今すぐ悔い改めるんだ。
悪いと思ったらぼくにお年玉を渡すんだ。
そうすれば許してあげるよ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]とくに謝ることはないかな。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]なんですと!
このバカチンが![/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]まぁまぁ、落ち着いて。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]これが落ち着いていられるかってんだ。
どういうことか聞かせてもらおうか。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そうだね。
まずこの社労士事務所さんは障害年金全般を取り扱っているよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そうだね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]一方、うちはうつ病による障害年金に特化している。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]それがどうしたのさ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]うつ病で苦しんでいる人が集まる全国障害年金パートナーズと病気やケガの種類に関係なくお客さんが集まる社労士事務所とでは、依頼者の抱えている問題や状況がまったく違うんだよ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]それは何となく分かるけど、
それが今回の問題と何の関係があるのさ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]例えば身体障害なんかは認定基準は明確に決まっているよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]視力が○○以下だと何級とか、
聴力が○○デシペル以下だと何級とか、
そんな感じで認定基準が明確だよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そうだね。
そんな認定基準が明確な障害に対して
”年金事務所はあなたの味方じゃない”なんて言うのは
たしかに煽りだし不適切だと思う。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そうだよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]でも、うつ病に限定すると状況は変わってくるんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]というと?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]うつ病の場合、
日常生活が著しい制限を受けるものを2級、
労働が制限を受けるものが3級とされているんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]基準があいまいだね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そう、だからこそ色々誤解されたり
不適切なことが起こったりするんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そうなの?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そうなんだ。
年金事務所の職員全員がうつ病の障害年金に詳しいわけじゃないし、
障害年金に対して誤解や偏見をもっている医師も実際いるんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そういえばぼくらに相談に来た人のなかにも、
「自分で年金事務所にきて話ができるくらい元気なら2級は難しいよ」
って年金事務所の職員に言われた人もいたね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]確かにそんな相談もあったね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]他にも、
「うつ病の人に障害年金は出ないから診断書は書かない」
と医師に言われた人からの相談もあったよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]うん。
こんな相談は日常的にあるんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そうか!
障害年金全般を扱う社労士さんから見たら誇張や煽りに見える表現でも、
うつ病で苦しんでいる人向けのメッセージとしてみると
事実を伝えているだけで間違ったことは言っていないということなんだね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そういうこと。
もう少し言うと、
うつ病で苦しんでいる人は集中力や判断力が低下していることが多いから、
明確な言葉、強い言葉ではっきり伝えることも重要なんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]そういえば最近障害年金が認められたお客さんも、
「宮里先生の強い言葉が背中を押してくれたおかげで行動できました」
といって宮里にお礼を言っていたね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そう言ってもらえると嬉しいよね。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]すべての障害を対象にしたメッセージと
うつ病者向けのメッセージでは意味合いが異なるということは分かったよ。
でも、そんなにうつ病の障害年金は特殊なの?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]そうだね。
認定基準があいまいだってこともあるけど、うつ病者自身が人にうまく自分の状況を伝えられなかったり、年金事務所の説明を理解できなかったり、適切な書類を書けなかったり、医師に適切な診断書を書くための情報を伝えきれていなかったり、その他諸々、色んな困難があるんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]自分で手続きしようとしたけど無理だった
という人からの依頼がすごく多いのはそういうことだったんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]それだけ大変だからこそ、うつ病に特化している全国障害年金パートナーズの存在意義は大きいんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]良く分かったよ。
宮里のことを悪徳社労士なんていってごめんよ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”miyazato2.png” name=”宮里”]分かってくれればいいんだ。
お年玉はあげられないけど、
美味しいものでも食べに行くかい?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”takesi-sa-2.png” name=”たけしーさー”]タコライスが良い![/speech_bubble]
 
というわけでこれから宮里とタコライスを食べに行ってくるよ。
お年玉をもらう作戦は失敗したけど、
美味しいタコライスが食べられるからいいか。
また何かあったら記事にするから、
これからもたけしーさーを応援よろしくね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける