うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

中年サラリーマンが最もうつ病に注意すべき年代です!

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_s
日本に限って言えば、最もうつ病を発症しやすい年齢が
40歳〜60歳といわれています。
この年齢のサラリーマンであれば、
多くは働き盛りであり、体力もまだまだ健在で
これまでの社会経験を活かして大きく活躍できる年齢です。
会社においても頼りになる存在となっており、
必要とされる人材となっていることが多いといえます。
しかし、一方では責任の重さや様々な人間関係のトラブルに巻き込まれ、
悩みやストレスの多い年代でもあります。
アメリカの心理学者であるレビンソンは、
40歳頃になると80%の人が人生において激しい混乱を経験するとされ、
それを「中年の危機」と呼んでいます。
たしかに私達全国障害年金パートナーズに障害年金の相談をする人は、
40歳〜60歳の中年サラリーマン、もしくはサラリーマンだった人が
割合としては多いです。
うつ病になった原因も、
上司によるパワハラやセクハラに続き、
自分が上司になったことをきっかけに様々な人間関係のトラブルから
うつ状態に陥ってしまうというケースが後を絶ちません。
若くして出世したが年下の部下が言うことを聞かない
なんてことは、良くある話です。
しかし、当事者にとっては深刻な悩みであり、
病気のもとです。
まずはしっかり体を休めること。
どうしても会社に行くことができなければ、
休職を挟んでから退職を検討することが大切です。
経済的な不安については
傷病手当金や障害年金である程度解消できます。
とくに障害年金に関しては
自分で調べない限り誰も教えてくれません。
全国障害年金パートナーズのブログには鬱病や障害年金の記事が数百件
あるので参考にして下さい。
YouTubeによる無料セミナーも140を超えましたので、
気になるセミナーがあったらこちらも見て下さい。
参照:うつ病者のための障害年金WEBセミナー



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける