うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

年末年始はうつ病悪化の時期です!いつも以上の対策を!! | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


96b3b6af2aa95a2e3613962a20f2bf95_s 4d304882bd08d9be3565b818aade21fc_s
生活リズムが乱れがちな年末年始は、うつ病が悪化しやすい時期です。
その理由は二つあります。
一つは、生活が不規則となることで体内時計がおかしくなり
心身の調子を崩してしまうからです。
もう一つは、夜更かしが多い年末年始は朝寝ていることが多く、
太陽の光を朝浴びないことでセロトニンやノルアドレナリンといった
神経伝達物質の働きが低下してしまうことです。
この二つが重なることによってうつ病が悪化しやすくなるのです。
では、どうすればよいのでしょうか?
一番大切なのは、朝の過ごし方です。
体内時計をリセットし神経伝達物質を正しく作用させるには、
朝に太陽の光を浴びることが効果的です。
年末年始のテレビ特番で深夜までテレビを見ている人も多いでしょうが、
朝はいつもと同じ時間に起きましょう。
カーテンを開けて太陽の光を浴び、朝食をしっかり摂りましょう。
もし眠ければ昼寝してください。
でも朝は必ず起きるようにして下さい。
また、年末年始は大掃除や新年の親戚周り、初売りで福袋を買うなど、
普段とは違ったイベントが盛りだくさんです。
元気な人にとっては楽しいイベントですが、
うつ病の人にとってはストレスのたまるのが年末年始です。
人間関係や生活習慣が変わる年末年始はうつ病が悪化しやすいと
認識しておいてください。
いつも以上に普段通りの生活習慣を心がけましょう。
家族にうつ病の人がいるのであれば、年末年始がうつ病悪化シーズン
であることを理解し、自分たちだけはめを外しすぎないようにしましょう。
こういったを事前に知っているだけで大分楽になるはずです。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!