うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病と性格の問題の境目はどこ? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s
気分が落ち込む、ネガティブになる、人と話したくない・・・。
うつ病にはこのような症状がありますが、
このような性格の人もいます。
では、
どこまでが性格でどこからがうつ病といえるのでしょうか?
医学的な観点からいうと、
次の4点からうつ病か性格かの境目を
判断することができます。
①無快楽症があるか
何をやっても楽しくない、楽しむことができないという
症状に陥っているかどうか
②落ち込む時間帯
うつ病の場合、
朝の落ち込みが一番ひどく、
昼から夜になるほど調子が良くなっていく傾向にあります。
③身体的な症状が伴うか
うつ病の場合、
頭痛や吐き気、めまい、食欲不振といった身体的症状が伴うことも
多くあります。
④ある時点から症状が現れるようになったか
うつ病は脳の病気の一つですので、
病気になったときから症状が現れます。
一方、性格の場合は昔から同じ状態が続いています。
 
以上が、
うつ病か性格かを判断する4つのポイントでした。
もしあなたが精神的に不安定になっているなら、
まずはこの4つをチェックし、
うつ病の可能性があると感じたらすぐに精神科や心療内科を受診して下さい。
早期発見、早期治療が大切ですよ。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!