うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

メダゼパム<商品名:レスミット>の効果と副作用について

 
imgres
 
 
 
 
 
この記事では、メダゼパム<商品名:レスミット>の
効果と副作用について解説していきます。
 
商品名
images-1
 
 
レスミット
 
 
 
効能
メダゼパム<商品名:レスミット>はベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。
心身症における身体の症状である消化器疾患や循環器疾患、
自律神経失調症や緊張、不安感、抑うつや
神経症における緊張、不安感、抑うつに対して改善の効果があります。
効果が弱いものの、
その裏返しで依存性が低いのと、
しかも効果が持続する時間が長いという特徴があります。
また、他のベンゾジアゼピン系統の薬を服用したときとは違い、
眠気を誘う作用が少ないため
自動車の運転などの機械の操作を行えます。
日常生活に支障が出ないのもポイントです。
このことから比較的軽度の不安が1日続く場合、
メダゼパム<商品名:レスミット>が向いていると言えるでしょう。
 
【用法
通常、成人には、1日10〜30mgを1〜3回に分けて使います。

うつ病における、緊張、不安感、抑うつ
神経症における、不安感、緊張、抑うつ
に対しては、6〜10mgから始めます。
心身症、消化器、自律神経失調症、循環器系、内分泌系に対しては、
2〜10mgから始めます。
このように症状や年齢によって薬の量は変わってくるので
医師に相談して、指示を守って服用しましょう。

 
注意点
重症筋無力症の患者、急性狭隅角緑内障の患者、
前にこの薬を使ってかゆみや発疹などのアレルギー症状
が起きたことがある場合は禁忌となります。
また肝機能の障害、心臓の疾患、腎臓の疾患などの
症状を抱えている場合は注意が必要です。
必ず医師に相談して慎重に服用しましょう。
メダゼパム<商品名:レスミット>は
効果が長く続くというメリットがありますが、
やはりデメリットもあり体に薬が残りやすいので、
ふらつきや倦怠感が出てしまうこともあります。
また、効果が低いため依存性も低く、効果が続く時間も長く
安全性が高い薬ではありますが、効果が続く時間が長いということは
副作用が一度出てしまうと、なかなか抜けないことがあり、注意が必要になります。
体が衰弱している場合、効果が強く表れることがあります。
飲むのをを急に止めると反動でイライラしたり、不安感がでることがあります。
自分で判断する前に必ず医師に相談しましょう。
 
副作用
眠気やめまい、ふらつき、発疹などが表れることがあります。
このような症状が見られたら、すぐに使用をやめて、
かかりつけの医師に相談しましょう。
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける