うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

月末なのに更新サポートだらけ!?

From:宮里竹識
研究学園のcafe comme caより、、
障害年金というのは、
1年〜5年に1回の頻度で更新があります。
この更新の案内は通常月末あたりに届き、
翌月中に医師に診断書を書いてもらって
年金事務所に提出するという流れが普通です。
私のお客さんのところにも月末近くに更新案内が届くため、
更新手続きのサポートは月初に行うことが多いのです。
しかし8月は違いました。
なぜか通常より1週間ほど早く更新の案内が届いた人が続出したのです。
その結果どうなるか、
いつもより早く、月内に更新サポートを行うことになったのです。
通常の障害年金の申請も月末は多くなるので、
同時進行はめっちゃ大変でした。
8月最後の週は、5日間で7名の更新手続きをサポートしました。
おかげさまで、
ドーパミンが出まくりの超ハイテンションな1週間でした。
これが毎月続くとさすがに大変なので、
今後はサポートの仕方をもう一段階改善した方が良さそうですね。
多分あと数年後には、
障害年金の更新サポートだけで
月20名ほど行うことになりそうです。
現在月10名までとしている新規申し込みの数を減らすか、
もしくは全国障害年金パートナーズのメンバーを増やすか、、、
色々企んでいるんで、
何か動きがありましたらまたお伝えしますね。
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける