うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

nanacoカードのキリンに隠された黒い噂

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、

nanacoカードって知ってますか?

セブンイレブンなんかで使えるカードで、
買物のたびにポイントがたまったり
割引を受けられたりするなど、
お得なカードです。

そのnanakoカードには
イメージキャラクターとしてキリンが描かれていますが、
その理由を知っていますか?

 

 

どうやら、
首の長いキリンが数字の「7」に見える
というのが理由らしいです。

たしかにnanakoカードを見ると、
キリンのフォルムが数字の「7」に見えますね。

セブンイレブンの「7」、
nanako(ナナコ)カードの「7」、
キリンのフォルムからくる「7」、
統一感があって良い感じです。

ですが、
キリンがnanakoカードのキャラクターとして選ばれたのには、
他にも理由があるという噂があります。

その理由をお伝えする前に、
二つの事実を知ってもらいます。

 

【事実①】
コンビニオーナーは激務である
コンビニのオーナーが激務であるという話は、
最近ニュースでも取りざたされているので
あなたも知っているかもしれません。

あるオーナーは、
夜は一人で店番をし、
日中はアルバイトにレジを任せながらバックヤードで作業、
家に帰るのはお風呂と仮眠だけと言っていました。

”4日以上連続で休んだのは過労で入院したときだけ”
”1日に夫が12時間、妻が12時間働けばいいと本部に言われた”
”夫婦で24時間働いてもらうから子どもは作るなと本部に言われた”

このようなコンビニオーナーの悲痛な声が
色んなところから聞こえてきます。

しかもコンビニオーナーは労働者ではないので、
労働基準法などの法律が適用されず
24時間365日働いても違法にならないのです。

そのため、
休日なんかほとんど取れずに
睡眠時間もほんの少し細切れで取るというオーナーも多いのです。

 

【事実②】
キリンは短時間睡眠の生き物である
あまり知られていませんが、
キリンは睡眠時間の少ない生き物です。

その理由としては、
体が大きいため大量に草を必用としていることから
食事の時間が長くなるということと、
肉食動物に襲われたときにすぐに逃げられるように眠りが浅い、
と言われています。

 

さて、
この事実①と事実②から
どういったことが導き出されるでしょうか。

あるコンビニオーナーがこう言っていました。

 

「こんなにやること多くてバイトも集まらないのに24時間も営業している。
これじゃ、眠る時間もほとんどないじゃないか!
そうか、nanakoカードにキリンが書かれているのは、
キリンのようにほとんど寝ないで働けというメッセージだったのか!」

 

残念ながらこれがコンビニオーナーの実体です。

実際、
私たち全国障害年金パートナーズに障害年金の依頼をする人にも、
コンビニオーナーをやっていたけど過労でうつ病になったという人が
複数名います。

一応全員に障害年金を届けることができましたが、
コンビニ業界の実体をみると
なんだかやるせない気持ちになります。

最近はコンビニの24時間営業見直しの動きも出ているので、
コンビニオーナーが過労で倒れたりうつ病にならない社会になってほしいものです。

もし過労でうつ病になってしまい、
1年6ヶ月経過しても働けない状態が続いているなら
障害年金を受けられるかもしれません。

ただ、うつ病での障害年金は非常に難しく、
失敗したら何も手に入りません。

少しでも成功率を高めて障害年金に挑みたいのであれば、
障害年金を専門にしている社会保険労務士に依頼してください。

ちなみに、
私たち全国障害年金パートナーズは
日本で唯一の”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所です。

きっとあなたに障害年金という経済的安心をお届けしますので、
ぜひ私に障害年金の受給代行を依頼してください。

あなたからの連絡を待っています。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける