うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

俺は金払ってるんだ!

From:宮里竹識
千歳烏山のCafe Yellowより、、

月末が近いこともあり、
毎日のように年金事務所に行っています。

障害年金の請求がわんさかあるんで
何とか頑張っているところです。

今日もうつ病での障害年金の手続きをしに年金事務所に来たのですが、
ちょっとした事件が起こりました。

それは、
私が待ち時間を利用して本を速読していたときのことです。

すぐ近くの総合受付からこんな声が聞こえてきたのです。

 

俺は金を払っているんだ!

 

待合室には数名の人が順番待ちをして座っていたのですが、
皆が声のした方向へ向きます。

そこには、
60代と思われる年配の男性がいて、
受付の職員に向かって怒鳴り声を上げていました。

聞きたくなくても聞こえてくる大きな声で
こんなことも叫んでいました。

 

早くしろよ!
俺は50年も年金払っているんだ!
何時何分になったら案内するんだ!

 

年金事務所の窓口は混んでいるので、
予約なしで相談に来ると
1〜2時間ほど待たされるのが普通です。

それを知らずに窓口に来た人が
待ち時間の長さに怒り出すなんてことが良くあります。

今回の騒がしい爺さまもそんな感じです。

私は年金事務所の常連ですので
こんな光景は見慣れているのですが、
ほとんどの人は初めての年金事務所なので
怒鳴り散らす人に戸惑っています。

ちょっとだけ話がそれますが、
今回のクレーマーが言っていた
”何時何分になったら案内するんだ!”
というセリフが私のツボにはまってしまいました。

というのも、
子どもの頃口げんかで言った言わないの話になったときに、
「何時何分何秒に言ったんだ!?」
なんてセリフが流行ったのです。

子どもの頃の口げんかを思い出し、
年金もらう年の大人が子どもと同じセリフを言っているのを聞いて、
思わず笑いそうになってしまったのです。

それはさておき、
今回のクレーマーは中々手強いようで、
窓口職員にくってかかっていて、
10分以上罵声を浴びせ続けています。

最終的にはそのクレーマーは帰っていったのですが、
対応した年金事務所の職員は相当疲弊してしまったようです。

クレーマーが帰った後、
周りの人からこんな言葉をかけられていました。

 

「あんな人のこと、気にしないで」
「変な人もいるけど良い人もいるよ」

 

私も帰り際に窓口の職員さんに、
「いつもありがとうございます」
と声をかけて帰りました。

さて、
これが年金事務所の相談窓口での日常です。

もちろん多くの人は良識ある人ですが、
品のない人もたくさんやってくるのが現実です。

個人的には、
大声で怒鳴る人や口汚い言葉を使う人に対しては、
警備員が羽交い締めにして年金事務所から追い出してほしい、
なんて思っています。

ですがそうはいかないのが現実です。

なので、
うつ病で苦しんでいるあなたが、
自分で障害年金の手続きをするのなら
耳栓を持っていくことをお勧めします。

うつ病の症状が出ているときは、
怒鳴り声を聞くと自分が責められている気がしてしまい、
パニックになったり気持ちが落ち込んでしまいます。

それを軽減するためにも、
耳栓をしてクレーマーの声が聞こえないようにしてほしいのです。

耳栓じゃなくても
ヘッドホンなどで音楽を聞くというのもありですね。

もしくは、
年金事務所で嫌な思いをしなくてすむように、
最初から障害年金専門の社会保険労務士に依頼してください。

私たち全国障害年金パートナーズが受給代行をするときには、
私が全ての手続きを代行しますので、
あなたは年金事務所に行かなくて大丈夫です。

少しでも安心して療養に専念できるように、
あなたの代わりに障害年金を手に入れてきます。

自分で言うのも何ですが、
うちは日本でナンバーワンの社労士事務所ですので、
安心してご依頼ください。

あなたからの連絡をお待ちしています。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける