うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【スティーブ・ジョブズの名言】私は実行したことと同じくらい、実行しなかったことにも誇りをもっています

From:宮里竹識
千歳烏山のモスバーガーより、、

あなたはスティーブ・ジョブズを知っていますか?

アップルの共同設立者の一人で、
アメリカ国家技術賞も受賞している実業家です。

ipodやipad、iPhoneなどを世に出したことでも有名ですね。

私も経営者の一人としてジョブズを尊敬していますし、
全国障害年金パートナーズのパソコンはMac、
スマホはiPhoneで統一しています。

アップル社の株も持っていて、
株主として良い感じの利益も得ています。

そんなアップルのCEOだったスティーブ・ジョブズですが、
こんな言葉を残しています。

 

やるべきことをすべて実行することが、
集中することだと思われています。

しかし、それは成功の方程式ではありません。

成功の方程式は、
良いアイデアと言われることや「みんな」が望むことを何百回も断り、
慎重に選び抜いていくことです。

私は実行したことと同じくらい、
実行しなかったことがあることにも誇りを持っています。

1000のことを断念して革新が起こるのです。

 

中々素敵な言葉だと思いませんか?

ジョブズほどの人間となると、
人脈の大きさもすさまじいものがありますし、
優れた技術者や経営センスのある人も周りに多かったことでしょう。

当然、
様々な人がアップルを成長させるためのアドバイスを
ジョブズに行なったことでしょう。

それらの助言の多くをジョブズは切り捨てたのです。

もちろん面と向かって助言をくれた人を否定したわけではないでしょう。

でも、
アドバイスをくれた人の言う通りには行動しませんでした。

たくさんの人からの善意の助言や
”みんな”が言う優れたアイデアを無視しました。

なぜジョブズはこのような行為にでたのでしょうか?

それは、
人々が言う意見をすべて聞いてその通りに行動できるほど、
時間も人材も資金もなかったからでしょう。

時間というのは平等に訪れますので、
1つのことに一日中没頭してゴールを目指すのと、
複数のことをやりながらゴールを目指すのとでは
たどり着けるところが変わってきます。

周りからの良いアイデアすべてを試していたら
どれも中途半端になってしまうのです。

それに、
誰にでも思いつくようなアイデアなら
自分がやる前に他の人が試しているはずです。

だからこそジョブズは他人の意見には耳を貸さず、
自分の感性にしたがって行動したのです。

それが功を奏してiPhoneなどの革命的な商品が生み出されたのです。

私も経営者という立場上、
色んな人からアドバイスや助言を受ける機会があります。

「このやり方は上手くいかないから止めた方がいい」
「こんな風にすると良いよ」

こんな感じでアドバイスをくれるんですよ。

みんな良い人ばかりで、
ほんとに善意からくる助言です。

私もその場ではお礼を言ったりします。

でも、
その人たちのアドバイスを私が行動につなげることはありません。

その理由はジョブズと同じです。

アドバイスをくれる人が一人ならともかく、
多数の人からアドバイスがやってくるのです。

ある人が”右に行け”と言い、
別の人が”左に行け”と言ったとしたら、
私はどこに行けば良いのでしょうか?

あちらを立てればこちらが立たず、
というやつです。

一度右に行って失敗したら左に行けば良い、
なんて思う人もいるでしょう。

しかし、
ビジネスというのは変化の激しい弱肉強食の世界です。

あっち行ってダメだったからこっち来た、
なんていう回り道をしている間に
他の人がゴールにたどり着いています。

それに、
アドバイスしてくる人の多くは
自分で行動したことも成果を出したこともない人がほとんどです。

そんな人の言葉を真に受けている時間はないのです。

だから私は、
スティーブ・ジョブズと同じように
ほとんどの人の意見を聞きません。

自分の信じた道をひたすら突き進むのです。

もちろん失敗したとしても自己責任です。

そんな私ですが、
例外的に意見を聞くと決めている人がいます。

それが、
私に報酬を支払ってくれるお客さんと、
自分自身が成功した起業家です。

この人たちからの意見を真摯に受け止め、
それ以外の人からの意見を受け流すことで大切なことに集中して取り組む
時間を確保しているのです。

ちなみにジョブズも
自分が素晴らしいと感じた人の意見は積極的に受け入れ、
ときには人のアイデアをパクったりしています。

そんなスティーブ・ジョブズをリスペクトしつつ、
今日も障害年金のサポートを進めていきたいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける