うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自転車で、国道4号線を走り続けました


From:山崎純平
さいたま市のカフェより、、

自転車で遠出しました。
自宅は埼玉件ですが、上野まで自転車で行きました。
片道20キロほどあります。

今はまさに紅葉シーズン。
気温も穏やかで、ついつい外に出たくなる季節ですね。
普段から自転車に乗ることが好きなのですが、思い切って遠出したくなり、気がついたら自転車を漕いでいた訳です。

どうして上野か?というと、僕は極度の方向音痴なんです。
地図が読めないんですね。
昔、友達から「国道4号線をひたすら真っ直ぐ行けば、上野に着く」と言われたことを思い出したんです。

本当に上野に着くのか?
という疑問がフツフツと湧き上がってきたんです。

ようし、確かめよう!
ですので、ひたすら4号線を走り続ければ着くであろう、上野に決めた訳です。

ひたすら4号線を走り続けました。
道路標識には「上野まで20㎞」と表示されています。

走る続ければ続けるほど上野までの距離が段々近づいていきます。
気がつけば、4時間ほど走ったのでしょうか。
上野に無事に着きました。

本当に着くんだ!
なんか、達成感を感じましたね。

電車で行けば、30分もかからないで着くところをわざわざ、4時間もかけて行く。

側からみたら、「無駄な努力」と思われるかもしれませんね。

でも、このとき、結果というよりはプロセスの方が大切だったんです。

上野に着くことはあまり重要ではなく、そこに至るまでのプロセス、つまり、自転車の小旅行が目当てだったんです。

自転車で走っていると、普段見慣れない景色がとても新鮮で、心をワクワクさせます。

こんなお店があったんだ。
このラーメン屋さん、美味しそう。
この公園きれいだな。
あの車かっこいい。

色々な刺激があり、普段味わえない景色を楽しみました。

障害年金も同じことが言えるのではないでしょうか。

あなたは障害年金を申請する目的はなんですか?

ただ障害年金を申請することが目的ですか?
違いますよね。
障害年金を無事に受給することが目的ですよね。

単なる申請なら、ケースワーカーやその辺りにいる社会保険労務士にだってできるでしょう。
でも、結果はきっとあなたの納得のいくものとはならないと思います。

我々は、単なる手続き代行ではありません。
結果を何より重視しています。
あなたが障害年金を受給できるように日々、自己研鑽し、仕事に励んでおります。

本気で障害年金という経済的安心を得たいと思うなら、まずは障害年金の無料判定を受けてみて下さい。

今一度、問います。
あなたの障害年金を申請する目的は何ですか?




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける