うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

接骨院で悶絶しました


From:山崎純平
川口のカフェより、、

最近、肩こりがひどく、接骨院に行っていきました。
先生にマッサージをやってもらったのですが、それがそれが、とっても痛いんです。
先生が肩を指で押すのですが、芯に来るような痛みで、うっっっと声を出さずにいられません。

よくテレビで足裏マッサージをして、芸能人が悶絶しているシーンがありましたが、
今ならその気持ちがよくわかります。

それまでは、
あ〜どうせ目立ちたいから、演技してるんでしょう?
としか思っていなかったんです。

でも、あれは演技でないんです。
本物の痛みなんです。

今、まさに私は指でグイグイ押されているわけですが、言葉にできません。
痛い、痛すぎる。
でも、痛いなんて大の大人が言えるわけありません。

僕がマッサージを受けている隣のベットには小学生がいます。
(小学生も接骨院に通う時代か〜〜〜)

小学生の前で、弱音は吐けません。

そうこうしているうちに、治療を終えました。
痛かったですが、だいぶ、肩が楽になりました。

本当に痛くて、もう一度通うかは正直、悩み中です。

さて、側から見るとそうでもないものが、実際に経験をすると、結構大変だったっていう経験はありませんか?
障害年金も同じことが言えるのです。

障害年金の手続き自体、一人でも行うことは可能です。
年金事務所に足を運ぶことができれば、年金事務所の人が、必要な書類を教えてくれますので、その指示に従って、手続きを行えば申請自体はできるでしょう。

でも、あなたはうつ病等の精神的な症状で苦しんでいると思います。
体調が優れない中、手続きを行うことができるのでしょうか?
実際に手続きをやってみると、揃える書類の多さに驚くことでしょう。
用意する書類がわかっても、病歴・就労状況等申立書など、作成しなければならない書類は山ほどあります。
それをご自身で果たしてできるのでしょうか?

なんとか出来たとしても、結果はどうでしょうか?
障害年金が不支給になってしまった場合、あなたの努力はそれこそ水の泡です。

そもそも一人で手続きできるということは、果たして症状が重いと言えるのかは疑問があります。

あなたはそんな手間をかける必要はありません。
障害年金のプロである障害年金パートナーズに任せればいいのです。
任せている間、治療に専念することが出来ます。
無事に障害年金を受給できたら、あなたの心は今より何十倍にも軽くなっていることでしょう。

あなたからのお問い合わせをお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける