うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

新人が店長を凌ぐ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

髪切ってきました。
いつも行っているところではなく、思い切って、違う場所に行ってきました。
彼女が「ここおすすめ」と行って紹介してくれたお店なのですが、予約ができないお店なんですね。
予約せずに店に行って、その時、空いているスタッフが切ってくれるんです。

お店に行ったところ、店長らしき人が担当してくれました(ラッキ=)。
その方は40代くらいの男性です。
カットする時って、緊張しますよね。
カットしてくれる人と話しをしなければいけない。
何を話したら良いのかわからず、ドキドキしてしまいます。

ですが、今回、あまり話さなかったんです。
店長だからなのか、しょっちゅう、従業員に指示出してるんですよ。

僕という存在を全く無視ですね。
だから、寝たふりをしたんです。
目を開けていて、話しかけられない雰囲気に耐えらなかったんですね。

ですが、寝たふりをしたところ、店長が「髪長いですね。」って話しかけてくるわけです。
だから、起きて、「そうなんです。」と言って、会話を続けようとしたところ、
「佐藤さん、それはそっちじゃない」とまた従業員に指示を出して始めたんです。

なんか複雑な気持ちになりました。

その後、髪を洗ってもらうのですが、担当が変わるんですね。
新人の方がシャンプーをしてくれたのですが、その人と話が盛り上がったんですよ。
3分くらいしか時間なかったんですが、お互いの趣味の話や好きな食べ物の話で盛り上がりました。

サービス業には、歴は関係ないですね。
お客さんの気持ちをどれだけ大切にしているか。
これこそが当たり前ですが、大切なことではないでしょうか。

私たちも常にこのことを意識して仕事をしております。
障害年金のサポートをする方がどんな気持ちなのか?を常に想像しながら、仕事に取り組んでいます。
あなたが障害年金を受給できるために日夜、勉強もしております。
これからもあなたのために、全力を尽くします。

今なら、障害年金の無料判定を行なっていますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。

PS:髪の毛を切ってもらい、彼女に見せたところ「見たことのない髪型だね」と言って、失笑していました。
もう2度とあのお店に行くことはないでしょう。
早く髪の毛伸びて欲しい。とほほ。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける