うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

”こうやるべき”を止めるとハッピーになります!


From:宮里竹識
品川のタリーズより、、

人間関係でイライラすることってありますよね?

”何でやってくれないんだ”
”どうしてこんなことするんだ”
”いつになったら分かってくれるんだ”

私もサラリーマン時代はよくありました。

当時はマネージャーで、
チームのマネジメントや部下指導なんかをしていたのですが、
”なぜ報告しないんだ”とか”言われないとできないのか”
なんて思ってイライラすることもありました。

きっとあなたも似たような経験をしたことがあると思います。

ありますよね?

さて、
この人間関係でのイライラですが、
「こうすべきだ」
というのが根底にあったりします。

仕事はこうやるべきだ
妻は家事をすべきだ
子供は親の言うことを聞くべきだ

いろんな「こうすべきだ」がありますが、
〜すべきと思っているからこそ
それができていなかったときに怒りが湧いてくるのです。

なので、
「〜すべきだ」「〜やるべきだ」
というのを一旦リセットしてみませんか?

〜すべきという考えを止めてみると、
けっこう人間関係のストレスが軽減され、
人生ハッピーになります。

私の場合、
妻に対して「〜やるべきだ」というのを
「〜してくれてありがとう」
に変えてみました。

 

美味しいご飯を作ってくれてありがとう
家を掃除してくれてありがとう
買い物行ってくれてありがとう
掃除をしてくれてありがとう
動画を編集してくれてありがとう
食事時に私がどこに座っても、私の方にお花を向けてくれてありがとう
私が帰宅する時間にあわせて冷暖房を入れてくれてありがとう




 

他にもたくさんありますが、
〜してくれてありがとうと考えるようにしています。

そして、
ありがとうと思ったときには
そのまま言葉にして妻に伝えるようにしています。

そのおかげか、
夫婦円満に過ごせています。

日本人のとくに男性は
「ありがとう」
という言葉をあまりうまく使えないそうです。

ちょっと騙されたと思って、
あなたが周りの人に「〜やるべき」と思っていたことをストップし、
「〜してくれてありがとう」と伝えてみてください。

きっと人生が楽しくなりますよ。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける