うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

大江戸温泉物語にまた行ってきました!


From:宮里竹識
東京テレポートのスタバより、、

関東の温泉・スパランキング1位にも選ばれた
大江戸温泉物語に行ってきました。

もちろん妻も一緒です。

屋台やアトラクションなどもある大きな施設なので
私のような人間には一人では行けません。

というわけで妻を誘って二人で行ってきました。

 

朝11時にオープンなので、
朝10時50分についてオープンを待ちます。

フロントに入るときれいな桜があったので記念撮影。

 

浴衣に着替えて中に入ると、
人力車があったのでそこでも記念撮影。

 

その後はしばらくの間、
施設内にある屋台を食べ歩きです。

こちらがハットグといって、
韓国で人気のアメリカンドッグのようなものです。

 

チーズやケチャップとともに砂糖もかかっており、
おかずのようなお菓子のような不思議な味でした。

続いてクレープを味わいます。

 

妻がイチゴ好きでしたので、
イチゴスペシャルというクレープを食べました。

数年ぶりにクレープを食べたのですが
美味しいものですね。

続いてこちら。

 

この写真からは何だか分からないと思いますが、
これ、たこ焼きなんです。

リンゴくらいの大きなたこ焼きで、
12種類も具が入っているビッグなたこ焼きでした。

こんなでかいたこ焼きは初めてでしたが、
こちらも新鮮で美味しかったです。

さすがにお腹がふくれてきたので
レモンスカッシュを飲みました。

 

このレモンスカッシュ、
テレビで特集されていたようで
妻が「ぜったい飲みたい!」と言っていたものでした。

まさかレモンがそのまま刺さっているとは思わず、
インパクト大の素敵なスカッシュでした。

インスタ映えしそうですね。
(私はインスタしてませんが・・・)

お腹を満たして少し休んだ後、
足湯に入ります。

 

日本庭園に大きな足湯があり、
桜も咲いていてちょーキレイでした。

ただ、足湯の中は足つぼを刺激する石がしきつめられており、
私も年なのか足湯の中をあるくと足裏がめっちゃ痛かったです。

子どもたちが足湯の中を普通に歩き回っているのを見て
”自分も年とったのか~”
としみじみ感じてしまいました。

のんびりと施設を満喫し、
夕飯を食べて施設内にあるホテルにでくつろいでいたのですが
気がつけば夜の11時をまわっていました。

 

!!!!!

 

大切なことを忘れていたんです。

私たちがやってきたのは、
大江戸温泉物語。

なのにまだ温泉に入っていなかったのです。

前回来たときも同じことをしてしまったのですが、
今回も温泉に入れず一日を過ごしてしまいました。

しかも今回は11時のオープンと同時に入ったのに・・・。

もう夜遅い時間で眠かったのでその日はそのまま眠り、
次の日朝早くに温泉に入ることにしました。

朝5時に妻に起こされ、
眠い目をこすりながら温泉に向かいます。

ただ、朝5時という早い時間でしたので
温泉内にはほとんど人がいません。

10種類ほどのお風呂があったのですが、
人は私を含めて3人ほどしかいませんでしたので
ほぼ貸し切り状態です。

あまりにも人がいなかったので、
軽く泳いでみたりもしました。

最初は少し眠かったのですが
温泉を貸し切ったようで大満足でした。

これでかなりリフレッシュできたので、
今日から気持ちを改めて障害年金のサポートに取り組みたいと思います!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける