うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

読みたい本が好きなだけ無料で読める会社!


From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、

「本をたくさん読んでいる人ほど年収が高い!」

こんなことを聞いたことありませんか?

これを証明する科学的な根拠はありませんが、
読書量と年収は比例しているというデータはあります。

例えば、
総務省統計局が全国9千世帯を対象にした
「家計調査」(2018年)があります。

その結果をまとめたのが次の表です。

 

 

この表をパッと見ても、
本の購入費と年収とが比例関係にあるのが分かります。

また、日経新聞が2009年に実施した書籍購入費に関する調査では、
年収「400万円」ゾーンの人は月平均で1,914円を本の購入に使っていましたが、その一方、年収「800万円」ゾーンの人は平均で2,910円も毎月本に使っていました。

また、雑誌『PRESIDENT』が1002人のビジネスマンを対象にしたアンケートによると、
「月に4冊以上本を読む」のは、年収500万円ゾーンが17.0%だったのに対し、
年収1500万円ゾーンは34.6%となっていました。

これらのデータから考えても、
本をたくさん読んでいる人は年収が高くなるというのは
あながち間違いではないと思っています。

私自身も本をたくさん読んでいて、
毎月海外の良書を日本語訳した本が届くサービスにも加入しています。

もちろん、
読書の効果も実感しています。

というわけで、
私たち全国障害年金パートナーズも
会社としてたくさんの本を読むことにします!

そのために、
私をはじめメンバーが購入した書籍については
すべて会社が負担するという制度を作りました。

4月からこの制度をスタートしたのですが、
私たちのメンバーである山崎さんや荻島さんも
さっそく本を買って読んでくれています。

本は人を成長させます。

たくさんの本を読んでいき、
うつ病の障害年金専門の社労士としても
人間としても成長していきたいと思います。

すでに障害年金の社労士としては日本一の私たちですが、
読書量でも日本一を目指します!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける