うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

カメムシ


From:山崎純平
世田谷のカフェより、、

妻を1人で、家に残すのが忍びないです。

ベランダに干していたカッパを、朝、取り込みました。
カッパを部屋の中で、たたんでいたとき、目の前に緑色の物体が床に落ちました。

な、なんだ?

よくよく目を凝らしてみると、なんと、

カメムシ

でした。

洗濯物に付着していたようです。
私の住んでいる場所は、5階なのですが、たま〜に昆虫が付着しています。

朝一番から、カメムシを見るなんて。
眠気が一発で吹き飛びました。

問題は、目の前のカメムシをどうするか?です。

私は、昆虫は苦手です。
素手で触れません。
小学校の頃は、よくクワガタを触っていましたが、カメムシは無理です。
色が無理です。

そこで、ティッシュでそっと掴み、潰さないようにそっとベランダに向かおうとした矢先、何やら右手に違和感を覚えたのです。

「足っぽい」感触を覚えたのです。

その瞬間、ぎょえ〜〜〜〜と行って、右手を大きく振り払いました。

手についたカメムシは右側へ飛ばされました。

カメムシが手につくなんて、とんでも気持ち悪いです。
昆虫が苦手なんです。

あと一歩でベランダだったのに。無念。

早くカメムシを捕まえようと思い、飛ばされた(飛ばした)方向を恐る恐る、探したのですが、いないんです!

衣類とかが少し散乱していた場所に飛ばされたはずなのに、その場所に緑の物体がいなんです。

衣類をくまなく、探しましたが、いないんです。
おかしい。

ゆっくりと探す時間がありません。
あと2分で家を出ないと会社に遅刻してしまいます。

そんなとき、妻が眠い目をこすりながら、「おはよう」と言って起きてきました。

「やばいよ。大変な事態が起きた。」

「えっ?どうしたの?」

「実は、これこれこうで、カメムシがこの家のどこかにいるんだ。一生懸命探したんだけれど、見つからなかった。本当にごめん。もう家を出なければいけないので、カメムシをよろしく。」

と行って、私は家を出ました。

妻の驚いた顔は今もはっきり覚えています。

妻は今頃、カメムシと同居しているのです。
本当に申し訳ない。

後ろ髪引かれる思いで、家を出たのでした。

妻にラインしました。

「本当にごめんね。カメムシをヨロシクです。」

すると、

「( ゚д゚)」

というラインが送られてきました。

心配です。

早く無事に捕獲されることを祈っています。

すると、それから10分後の妻からのラインで

「カメムシゲットだぜ!」
というラインが届きました。

なんとも言えない、安堵感を感じました。
あ〜〜〜よかった。

カメムシの恐怖が取り除かれた瞬間でした。

妻よ、ありがとう。そしてごめん。

不安や恐怖はそれを取り除けば、消え去ります。
あなたは、経済的な不安や恐怖を感じていませんか?
お金がなくなる恐怖や不安がありませんか?

その恐怖や不安は、障害年金を受給できれば、解消されます。
今なら、障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

PS:その晩、妻にシュークリームを買って帰りました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける