うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「出る杭は打たれる」という日本のことわざ、西洋だと・・・


From:宮里竹識
千歳烏山のスタバより、、

日本には
「出る杭は打たれる」
ということわざがありますよね。

デジタル大辞泉によると、
1才能・手腕があって抜きん出ている人は、とかく人から憎まれる
2差し出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける
とあります。

嫌な感じですよね。

一方西洋にはこんなことわざがあります。

「きしむ車輪は油を差される」

これは、
はっきりと自己主張すればきちんと見返りを得ることができる、
といった意味で使われます。

日本の「出る杭は打たれる」と
西洋の「きしむ車輪は油を差される」、
正反対の表現ですが、日本と西洋の思想の違いが見て取れますね。

 

ところで、
私たち全国障害年金パートナーズは
障害年金社労士の業界では
完全に「出る杭」に位置します。

出る杭ですので、
当然ながら色んなところから打たれています。

動画・アニメ・ブログ・メルマガ・電子書籍
といったコンテンツが大量にあるというのが
理由かもしれません。

私たちのコンテンツを見る人が多いほど
一定の批判が出るのは自然なことです。

また、たんに障害年金の制度を説明するだけでなく
個人的な価値観や考えなんかも発信しまくっているので、
それが気に障る人もいるのでしょう。

でも、いいんです。

たまに心ない言葉が飛んでくるくらいが
ちょうど良いんです。

その理由は二つあります。

一つ目の理由は、
批判があるほど人に反応されるメッセージを出せていると
判断できるからです。

一番ダメなのは誰の心にも届かないことです。

批判を恐れて当たり障りのないメッセージばかり発信していては、
誰の記憶にも残らず、スルーされて終わりです。

マーケティングの権威であるダン・ケネディは、
「一日一回誰かを怒らせていなければ、あなたのメッセージは弱すぎる」
と言っています。

私たち全国障害年金パートナーズは
うつ病で集中力や思考力が通常より落ちている状態の人を
サポートしています。

当たり障りのないことを言ってもダメなんです。

トガった言葉で感情を動かし、
障害年金という経済的安心へ向けて一歩を踏み出してもらう必要があるのです。

 

たまに心ない言葉が飛んでくるくらいがちょうど良い、
という理由の二つ目は、
あなたの苦しみを理解できるからです。

きっとあなたは責任感があり優しく、
人のために動くことのできる人だと思います。

世の中に必要とされる人材のはずですが、
その責任感や優しさにつけこんで心ない言葉を浴びせてくる人もいるのです。

「なんでこんなことを言われなきゃいけないんだ」

きっとこのように思ったことが
あなたにもあるのではないでしょうか?

理不尽なめにあったことも多いでしょう。

私たちにたまに送られてくる心ない言葉があることで、
対人関係のストレスがどれだけうつ病に影響するかを
私も実感できるのです。

もしあなたが誰かから心ない言葉を突きつけられ、
うつ病で働けなくなるほど思い悩んでいるのなら、
私たちに相談してください。

うつ病の治療はできませんが、
障害年金を通じて
あなに経済的安心をお届けします。

逆に、
あなたが人に悪意をばらまいている側の人間なら、
絶対に私たちには依頼しないでください。

人の悪口ばかり言っている人は
私とは相性が悪いです。

よそに行ってください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける